スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない?!カラーコンタクトレンズ

瞳が大きく見える、カラーコンタクトレンズが人気です。
大きく見せるだけでなく、元の瞳の色とは違った様々なカラーにすることもできますので、お洒落アイテムとして女性だけでなく、男性にも使用されています。

でも、目に良くないんじゃないか・・という噂も耳にします。
さてカラーコンタクトレンズ(以下「カラコン」)、買ってよい?買ってはいけない?

カラコンで角膜が傷つく可能性がある

カラコンに限らず、コンタクトレンズによって角膜が傷つくことがあります。
コンタクトレンズを装着した時、レンズと眼球の間には薄い涙の層があり、レンズはそこに浮いたような状態になりますので、角膜に直接触れているわけではありません。

しかし、
・レンズのサイズや形状が眼に合っていない
・ドライアイで涙が少ない
・レンズが破れたり汚れたりしている
・眼に物がぶつかる等でレンズが角膜へ押し付けられる

・・などのことがあると、レンズが角膜に直接触れ、傷をつけてしまうのです。


角膜が傷つくと、その部分がまぶたの裏でこすられ、ゴロゴロした感じがしたり、痛みを覚えたりします。ひどい場合には、まばたきで激痛が走るため目を開けることすらできなくなります。

そしてカラコンの場合は、品質が悪く角膜を傷つける等の障害を起こしやすいものが、透明なコンタクトレンズに比べると多いと言われています。

以前はファッション専用のいわゆる「度なし」カラコンは、薬事法の適用対象外で、厚生省の承認なく製造・販売ができました。その後法改正があり2009年11月からは度なしのカラコンも医療用のコンタクトレンズ同様承認が必要となりましたが、それでもトラブルは依然として発生しています。

カラコンの場合、
・透明のものより酸素透過性が悪く、眼に負担がかかる
・着色部分で角膜をこすりやすい
・医師などの指導なく、自己流で不適切な使用をするひとが多い

・・といった要因から、普通のコンタクトレンズよりトラブルを起こしやすいと考えられています

個人輸入などの格安カラコンは特に危険

おしゃれに気をつかう若い世代の方は、「カラコンをつけてみたいけど、あまりお金がない・・」という場合もあるでしょう。

そんなときインターネットで検索してみると、格安・激安などをうたったものがたくさんヒットします。特に最近では韓国のものが、韓流ブームの影響もあって人気です。
しかし、よく注意してみると、「個人輸入代行」となっている場合があります。
個人輸入自体は違法な行為ではありませんが、そのように入手したものは、日本の検査基準に満たない可能性があります。

通販サイトの場合、「高度管理医療機器承認番号」の記載があれば、日本の基準に合致しているものなので、参考にするとよいでしょう。

記載のないものは、あまりおすすめしません。自己責任でリスクを覚悟の上で使用することはできますが、慎重に判断するべきです

長時間のカラコン使用は避ける

カラコンに限らず、コンタクトレンズをつけっぱなしにしているとドライアイになりやすく、結果的に角膜を傷つけてしまいます。

そしてカラコンの場合は、普通のコンタクトレンズに比べ眼がより乾燥しやすいと言われています。
お洒落のつもりでずっとつけていると、眼のトラブルにつながる可能性が高くなります。
実際に中学生の女子がカラコンを、寝るとき以外ずっと装着していた結果、失明の一歩手前という状態になってしまった事例などが報告されています。

また、カラコンをつけたままうっかり眠り込んでしまって、翌朝目が覚めたら目に張り付いて外せなくなってしまうなどということもあります。万が一そうなってしまったら、無理にはがそうとすると却って角膜を傷つけてしまいます。まずは目薬で十分に瞳を潤して、それでも外れそうもなかったら眼科を受診しましょう。

そんなことにならないよう帰宅したらすぐ外すようにするのが、眼の健康のためにもおすすめです

カラコンでも最初は眼科で処方してもらうのがよい

消費者庁などでは、カラコンであってもまず眼科医を受診し、自分に合ったレンズを処方してもらうことを勧めています。

コンタクトレンズ購入の際は、角膜の曲面に合わせたカーブやサイズを知ることが必要です。それらを眼科で測定することで、レンズがずれて眼に傷をつけるリスクを減らすことができます。

また、特にドライアイがひどい・眼にアレルギー症状があるなど、そもそもカラコンの装着が難しい場合もあります。そのようなひとがうっかりカラコンを使用して眼のトラブルにならないよう、あらかじめ医師に相談することは大事です。

コンタクトレンズ販売店では、眼科併設のところも多いので、最初はインターネット通販ではなくそういったところで購入するとよいでしょう

まとめ

以上で本記事を終ります。カラコンは、日本の検査基準に合致していないものは、買ってはいけません。また、自分に合ったものを知ったうえで正しい使用方法を心がけ、瞳を傷つけてしまうトラブルを防止しましょう。

タイトルとURLをコピーしました