スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~春野菜~

買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~春野菜~

 

春の野菜と言うとどんなものが思い浮かびますか?

菜の花、ふきのとう、春キャベツ、スナップエンドウなどなど・・・

サツマイモや大根など、根菜類が旬の秋・冬と比べると鮮やかな緑色の野菜が思いつくのではないでしょうか?

春の野菜の特徴は見た目の鮮やかさだけでなく、苦みやえぐみなど味も少々クセのあるのものが多いように感じます。

春野菜特有の苦みやえぐみは「植物性アルカロイド」という成分によるものです。

この成分は腎臓の働きを助けて体内の老廃物や水分を排出する働きがあると言われています。

気温が低い秋・冬は汗をかく機会が少なく、暖かい季節と比べると老廃物が溜まりがちです。

そんな巡りの悪さを整えてスッキリするため、春野菜の苦みは人間の身体が求めている味なのではないでしょうか。

3月・4月は卒業、入学などで環境も大きく変わり、心身ともに乱れやすい季節です。

旬の野菜から栄養をしっかり摂って身体のコンディションはバッチリ整えておきたいですね!

この記事では鮮度の良いおいしい春野菜を選ぶポイントをご紹介していきます!

傷んだ野菜の見分け方

買ってはいけないもの買うべきもののポイント春野菜篇です。

今回はスーパーで買いやすい食材に絞って紹介していきます。

買い物に行くときの参考にしてみてくださいね。

新じゃがいも


新じゃがは成長しきる前に掘り出します。

よって小粒で皮が薄くて柔らかく、水分が多くみずみずしいのが特徴です。

皮ごと食べられる野菜なので、皮の状態をチェックしましょう。

大きすぎるものも成長しすぎて中に「す」ができている可能性があるので、欲張って大きなものを選ぶのはおすすめしません。

またふつうのじゃがいもと同様に発芽しているものは時間が経ったものなので、芽がでていないものを選びましょう。

買ってはいけないもの
  • 発芽しているもの
  • 大きすぎたり、形がいびつなもの
買うべきもの
  • 色ムラがない
  • 皮に傷がなくなめらか

 

新たまねぎ


たまねぎはとんがった先っぽから茎が出て葉がついています。

この首元が細いものを選びましょう。

肥料をやりすぎると首元が太くなり、雑菌が隙間から入って傷んでいきます。

首元を触ったときにふかふかと柔らかいものは傷んでいるものなのでこれも避けましょう。

買ってはいけないもの
  • 首元がふかふかしているもの
  • 芽が出ているもの
買うべきもの
  • 皮が白く、先端が細いもの

にんじん


にんじんは表面に白いスジがあり、ここからひげ根がでます。

このひげ根から養分を吸収しているので、均等に根が出ているものは健康に育っている証拠です。

ひげ根の位置と、色が鮮やかでツヤがあるものが良いにんじんなので見た目がキレイなものを選ぶようにしましょう。

買ってはいけないもの
  • ひげ根が不揃いなもの
  • 表面がガサガサしているもの
買うべきもの
  • ひげ根が均等にあるもの
  • ツヤのあるもの
  • 色の濃いもの

にら


にらは淡い緑色のもので肉厚なものを選びましょう。

濃い緑色のものは苦みやえぐみが強く、茹でると汁に色素が流れ出ていきます。

茎は細くピンとハリのあるものが鮮度の良い証拠です。

にらは大変傷みやすい野菜なので、買ったらその日に使い切るのがベストです。

どうしても食べきれない時は洗って良く水気を切れば冷凍保存も可能です。

買ってはいけないもの
  • 濃い緑色のもの
  • 葉がしなびてたれているもの
買うべきもの
  • 淡い緑色のもの
  • 茎が細く葉先までピンとハリのあるもの

いんげん


いんげんはさやの部分を食べるものなので、ふっくらしていて太さが均一なものを選びましょう。

曲がっているものは収穫が終わりかけのものです。

表面に斑点や黒いシミがあるものは品質が悪くなっています。

中の豆の形がわかるくらいゴツゴツしているものは育ちすぎているので避けましょう。

買ってはいけないもの
  • 曲がっているもの
  • 斑点や黒いシミのあるもの
  • ゴツゴツしているもの
買うべきもの
  • 先端がとがっているもの
  • 太さが均一なもの

そらまめ


そらまめはいんげんと反対に、外から見て豆の形がはっきりと浮き出ているものが食べ頃です。

中のワタの水分が失われると鮮度が落ちます。

軽く触ったときに指先に豆の形がわかるものはワタの水分が抜けている証拠なので避けましょう。

またさやは長く、平均で3粒ほど豆が入っているものが良いでしょう。

買ってはいけないもの
  • さやが短いもの
  • 軽く触っただけで豆の形がわかるもの
買うべきもの
  • さやが長いもの
  • 豆の形がくっきりと浮き出ているもの

セロリ


鮮度の良いセロリを見分けるには茎の状態をチェックしましょう。

茎がひらがなの「の」の字を書くように巻きがあって丸みのあるものが良いです。

またセロリは縦に何本もスジが入っていますが、このスジが太くはっきりと入っているものが鮮度の良い証拠です。

葉は鮮度が悪くなると黄色くしなびてきます。

買ってはいけないもの
  • 葉が黄色いもの
  • 茎の断面に「す」が入っているもの
買うべきもの
  • 茎が太くて丸みのあるもの
  • スジが縦にはっきり入っているもの
  • 肉厚なもの

まとめ

この記事では買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~春野菜篇~をお届けしました!

各季節ごとの野菜の選び方についても書いております。

野菜の選び方に迷ったらこちらも合わせてお読みください♪

買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~夏野菜篇~

買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~秋野菜篇~

買ってはいけない!鮮度の悪い野菜~冬野菜篇~

タイトルとURLをコピーしました