スポーツ ベット カジノ

カメラ初心者は、超広角レンズを買ってはいけない

超広角レンズとは

超広角レンズとは、普通の広角レンズ(焦点距離24mm~35mmほど)より焦点距離が短く24mm以下のものを指すことが多いです。

広角レンズも含め超広角レンズでも、レンズの端周辺でスピーカーなどの直線を持つ被写体が歪んで写ることがあります。

超広角レンズのメリット・デメリット

超広角レンズのメリット

  • 人間の視野角より広い範囲が撮影できる
  • 撮影場所が狭くて、これ以上下がれないと言う場合でも広い範囲を撮影できる
  • 奥行き感が出て遠近を強調できパースがつきやすい
  • 被写界深度が深く広範囲にピントが合いやすい
  • 広角、超広角レンズだと手ぶれが目立たないので、動画撮影がしやすい

超広角レンズのデメリット

  • レンズの端は被写体が歪んで写る
  • 歪みの大きいレンズなので人の顔を撮ると歪んで写る
  • 被写体(人物やモデル)との距離が近すぎて、相手に圧迫感を与える
  • 広範囲にピントが合うので背景ボケを作りにくい
  • 広い範囲を写すので、背景にものが多すぎると写真にまとまりがなくなる
  • 写る範囲が広いので構図が難しくなる

なぜ超広角レンズが、おすすめできないのか?

超広角レンズのメリット・デメリットであげましたが、ポートレート(人物)撮影では、顔が歪んで写る可能性が高く、また被写体との距離が近くなりすぎるため圧迫感を与えてしまいます。

人物と適度な距離がとれないので、コミュニケーションが上手くいかないでしょう。

せっかくモデルさんを雇っても、被写体との距離が近すぎて嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

超広角レンズにおすすめの撮影

超広角レンズで撮影する方法には注意点があります。

それは、画面の上半分か下半分に大きな空間をつくると言うことです。

このことによって、写真に空間の広さを表現できます。

広大な写真を撮るときは、水平と垂直を意識してください。それが狂うと「この写真、歪んでる」と思われたり、「ちょっと車酔いの気分で目が回りそう」と思われてしまいます。

パース(遠近感)を使うことも多いと思いますが、水平と垂直に気をつけることはもとより、奥行きに収束する点が適正であるかも重要です。

写真を見た人が目で追っていき、ゴールとなる点がないと不自然な写真となってしまいます。

例えば、森の中で木々を撮ったとき、下から見上げるので木々の先端が収束ポイントとなります。このように、目線にゴール地点をもうけるのがポイントです。

この際、注意する点は近くのものにピントを合わせるのではなく、木々全体にピントを合わせましょう。

超広角レンズは被写界深度が深いので、もともと背景がボケにくいのですが注意して撮ってみましょう。

これに関連して、建物などをパース(遠近感)を使って撮影するとき、道路などをリーディンラインとして写真に収めると、視線が誘導されて遠近感が分かりやすいです。

このように超広角レンズでパースを使うとき、目線の先に収束点があるかどうかに気をつけましょう。

その他のテクニックとして、前景と後景を意識してください。

前側の景色には、後ろ側にある建物や被写体と色・形が違うものを持ってきましょう。

前景と後景を入れると写真に奥行き感が出ます。しかし、それぞれが似たような被写体になると遠近感は出ません。

別のテクニックとして、カメラをローポジションに置くと足下を写せて臨場感がでます。

例えばローポジションから山岳道を入れて写すなどのテクニックがあり、その場の臨場感が出ます。

山岳道もなくて斜面だけなどの場合は、普通に撮るとどっちが上で下か分からない写真になってしまうので、そういう時は、自分あるいは一緒にいた友人を入れるなどの工夫が必要です。

カメラ初心者には、一般的な標準レンズがおすすめ

このように超広角レンズをカメラ初心者が扱うには、難しい面があげられます。

超広角レンズは、人の視野角よりかなり広い範囲が撮影できるのですが、写真を撮影したときの構図が想像できなくて色々なものが写りすぎて、まとまりのない写真になりやすいです。

カメラ初心者は、最初はキットレンズ付きの一眼カメラで良いと思います。

理由は、構図、絞り値、ISOを学べるからです。

構図は、簡単なようで実は難しく、何も考えずに撮ってしまうと「なんだ?この素人のような写真」と思える写真が撮れてしまいます。

どんなことでもそうですが、毎回少しずつ工夫して撮影・挑戦していくのが最も上達したりします。

まとめ

ハッキリ言ってカメラ初心者に、超広角レンズはとても扱い辛いものになります。

最初はキットレンズ付きのカメラで、写真の勉強を始めましょう。

写真も工夫をせずただ撮影しているだけだと、いかにも素人の写真というものが撮れてしまいます。

超広角レンズには、使用する上で注意点がありリーディングラインとローポジションというものがあります。

構図を考えながら写真を見てくれる人の視線を考え、収束点を画面上に作りましょう。目線の先にゴールを作るという方法です。

ローポジションを用いることで、その場の臨場感を出せます。こう言う小さい工夫が美しい写真に仕上げるこつとなります。

皆さんも、キットレンズで腕を磨いたら超広角レンズに挑戦してみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました