スポーツ ベット カジノ

食中毒の危険!買ってはいけないヨーグルトメーカーは?

ヨーグルトメーカーは材料を入れて放置しておくだけで自分好みのヨーグルトを作ることができるので、とても人気がありますよね。

一方で、使い方を間違えると食中毒の危険がありとても危険です。

私の姉はヨーグルトメーカーを使用するようになってから家族のみんなが下痢気味になったので、使用をやめたところお腹の調子も戻ったとのことでした。

この記事では、買ってはいけないヨーグルトメーカーを紹介するとともに、リスクの低い種類や正しい使用方法を解説していきます。

ヨーグルトメーカーの危険性

食中毒を起こす細菌の増殖が活発な温度は35〜40度と言われています。

また、ヨーグルトメーカーの発酵温度は、プレーンヨーグルトの場合、40〜43度です。

もうお分かりかと思いますが、ヨーグルトメーカーの中はとても雑菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

ヨーグルトメーカーで食中毒を起こす原因は主に、消毒不足や不注意による雑菌の混入です。

以下によくやってしまいそうな雑菌の混入例を示します。

  • 手で容器の内側をさわる
  • 容器の消毒をしない
  • 作成中にせきやくしゃみをする
  • 消毒後の容器やスプーンを布巾でふく

雑菌が混入したら、あっという間に菌が増えてしまうということを頭にいれ、まずは菌が増殖するきっかけを作らないことが重要です。

消毒は徹底しなければいけませんので、面倒くさがりの人や衛生観念が低い人は、ヨーグルトメーカーは買わないようにしましょう。

ヨーグルトメーカーのメリット

ヨーグルトメーカーのメリットは主にヨーグルト代の節約です。

食中毒の危険がゼロではないヨーグルトメーカーですが、もちろんメリットもありますので、説明していきます。

食中毒のケアができるかどうかだけでなく、ヨーグルトメーカーがあなたにもたらすメリットも含めて購入すべきかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルト代が節約できる

ヨーグルトメーカーの一番のメリットはコストではないでしょうか。

毎日のヨーグルト代を節約するためにヨーグルトメーカー の購入を検討する人は非常に多いです。

しかし普段購入しているヨーグルトの種類によってはコストメリットがほとんどない場合もあるので注意してくださいね。

簡単に計算してみましょう。

材料のタネとなるヨーグルトは100mL使用、牛乳は1本(1L)200円のものを900mL(180円)使用するとします。

例えばR1ヨーグルトは1個112gで130円程度で売られています。

(タネヨーグルト)130円+(牛乳)180円=310円/1000mL

つまり、100mLあたり31円でR1ヨーグルトができますので、かなりコスパが良いと言えるでしょう。

一方、プレーンヨーグルトの安いものは400mL100円前後で購入できます。

(タネヨーグルト)25円+(牛乳)180円=205円/1000mL

400mLに換算すると、82円なので、若干お得ですが、ヨーグルトメーカー の初期投資や労力を考えると、コスパが良いとは言えません。

つまり、普段かけているヨーグルト代次第で、節約になるかどうかが変わってくるので、よく考えてみてくださいね。

ヨーグルト以外の調理にも活用できる

ヨーグルトメーカーは、一定の温度を保つことができるので、低温調理や発酵調理など、様々な料理に応用することができます。

ヨーグルトメーカー で作ることができる主な料理を見てみましょう。

  • ハム
  • ローストビーフ・チキン
  • 温泉卵
  • 温泉玉子
  • 塩麹
  • 甘酒

ヨーグルトメーカーを購入すれば、料理の幅が広がり楽しみも増えそうですね。

ヨーグルトメーカーは牛乳パックタイプを選ぼう

さて、冒頭でヨーグルトメーカー食中毒の危険があるので、衛生管理が苦手な人は買ってはいけないとお伝えしました。

それでもやはり、メリットに惹かれて購入をするのであれば、ヨーグルトメーカー のタイプをしっかりと選んでくださいね。

ヨーグルトメーカー は、「牛乳パックタイプ」と「調理容器タイプ」の2種類がありますが、衛生面を考えれば、牛乳パックタイプのものがおすすめです。

・牛乳パックタイプ:牛乳パックの中にタネのヨーグルトを入れて、そのまま作る
・調理容器タイプ:専用容器の中にタネのヨーグルトと牛乳を入れて作る

調理容器タイプのものは、ヨーグルトのほかにもさまざまな料理に使えるというのが魅力ですが、雑菌が繁殖しやすいです。

そのため、調理容器タイプのものは、必ず煮沸消毒が必要になります。

煮沸消毒をした後も、容器に牛乳を移し替える段階で菌が混入しないように注意する必要がありますよ。

「牛乳パックタイプ」のものであれば、牛乳パックをそのままセットするだけでいいので、雑菌が混入しにくく、簡単にヨーグルトを作ることができます。

 

牛乳パックタイプのものでも、調理器具が付属でついているものもあるので、低温調理など他の料理をしたい人は、付属調理器がついているものを選ぶと良いですよ。

まとめ

  • ヨーグルトメーカーは雑菌が繁殖しやすい条件にあり、食中毒の危険が高い
  • ヨーグルトメーカー の最大のメリットはヨーグルト代の節約
  • ヨーグルトメーカー を購入する場合は、牛乳パックタイプのものを選ぶと衛生的
タイトルとURLをコピーしました