スポーツ ベット カジノ

飴やキャラメルは買ってはいけない?虫歯になりやすいお菓子とは

 

「お菓子を食べ過ぎると虫歯になるよ」子どものころに親から言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

実際のところ、甘いものを食べたから絶対に虫歯になる!というわけではありません。

食べ方やその後のケアで虫歯になるリスクは減らせるのです。

今記事では、虫歯になるリスクが高いお菓子をご紹介します。

どんなお菓子が虫歯のリスクを高めるのかを知ることで、予防の一つになると思います。

自分や子どものお菓子選びの参考にしていただければと幸いです。

虫歯になりやすいお菓子とは…

虫歯になりやすいお菓子は、以下の特徴があげられます。

・糖分が多い(砂糖が多く使われているお菓子)

・口に含んでる時間が長い

・歯にくっつきやすいもの、口の中に残りやすいもの

 

虫歯は口内に存在するミュータンス菌が糖質(ショ糖)と結びつき、歯に汚れ(プラーク)が付着するところから始まります。

歯に付着したプラークの中でミュータンス菌が更に増え、糖質(ショ糖)から酸を作り出します。

この酸の影響で歯が解けた状態のことを虫歯と言います。

歯に穴があいてしまったら元には戻りません。神経まで達してしまうと治療にも時間がかかってしまいます。また他の病気に影響するリスクも高まるのです。

虫歯になりにくい口内環境を維持することがとても重要になります。

虫歯になりにくい口内環境を作るには

虫歯になりにくい口内環境作りには、以下のポイントがあげられます。

①お菓子を食べた後は歯磨きをする

当たり前のことですが、歯磨きはとても大切です。口の中に汚れが残っていると虫歯の原因となるミュータンス菌が増殖しやすくなります。

食事の後だけでなく、おやつのあとにも歯磨きや歯間ブラシなど口内ケアができることが理想的でしょう。

歯磨きができない場合は、軽くすすぐだけでも効果はあります。

小さなお子様の場合は、おやつの終わりにお茶やお水を飲むだけでも違います。おやつの終わりとして区切りをつける為にも、最後にお茶や水を飲むという習慣をつけておくのも良いと思います。

 

②おやつは決まった時間時食べる

リスクの少ないお菓子でも、決まった時間を設けずだらだらとお菓子を食べ続けたら意味はありません。

口内が酸性になることで虫歯のリスクが高まります。

食事やおやつを食べている時間は口内が酸性になります。食事やおやつの間、口の中に何も入らなければ口内は中性へと戻ります。

しかし、区切りをつけずにダラダラ食べ続ける酸性の状態が続き、虫歯になりやすくなります。

おやつは決まった時間で食べましょう。

 

③唾液の分泌を増やす

唾液は口の中を清潔に保つ役割もあります。

普段から食事やお菓子を食べる時は、しっかり噛んで唾液の分泌を増やしましょう。

虫歯のリスクが高いお菓子とは

①ガム、飴、キャラメル

糖分も非常に高く、食べ終わるまでに時間のかかるお菓子です。

歯にもくっつきやすいので、虫歯のリスクがとても高いお菓子と言えるでしょう。

 

②チョコレート、クッキー、ビスケット

チョコレートはすぐ溶けるので口の中に入れている時間はさほど長くはありません。しかし中毒性があり、食べ続けると習慣化しやすいので注意が必要です。

また、クッキーやビスケットは、歯に付着しやすいので口に残りやすいです。

 

③ケーキ類、ドーナツ

糖分が多い割には歯にくっつきにくいという特徴はありますが、やはり糖分が多いので虫歯のリスクは高い傾向にあります。

虫歯になりにくいおやつとは

虫歯になりにくいお菓子には下記のものがあげられます。

①果物

果物には果糖という糖分が含まれていますが、多くの水分が含まれていたり、多くの食物繊維が含まれていたりします。

果物自体の水分や食物繊維で洗浄効果が得られるので、歯に汚れが残りにくく虫歯のリスクが低いと言われています。

②ゼリー、アイスクリーム

とても甘いお菓子ですが、短時間で食べ終わり歯にも付着しにくいので、比較的虫歯のリスクが低いお菓子です。

③せんべい、スナック菓子類

お砂糖の使用量が少なく、歯にくっつきにくいものが多いです。

大人であればナッツ類もおすすめですが、小さなお子様はアレルギー、誤飲の可能性もあるの与える場合は注意が必要です。

まとめ

大人も子どもも大好きなお菓子。

しかし、お菓子の種類や食べ方によっては虫歯のリスクが高くなります。

一度溶けて虫歯になってしまった歯は、二度と元には戻りません。虫歯を放置して神経まで達してしまったら治療に時間もお金もかかります。

虫歯を恐れてお菓子を一切食べないということもできますが、子どもに我慢させるのも可哀そうかなと思います。

虫歯のリスクが高いお菓子は、下記の3点があげられます。

①糖分が多いもの

②口の中に入っている時間が長いもの

③歯にくっつきやすいもの、残りやすいもの

虫歯になりにくいお菓子を選んだり、時間を決めて食べたり、食べた後のケアをしっかりしたり、虫歯のリスクを低く抑えながら、おやつの時間も楽しんでもらえたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました