スポーツ ベット カジノ

安易に車椅子を買ってはいけない?その理由とは

一昔前に比べ、最近はさまざまな種類の福祉用具を利用することができるようになりました。

もし自分や家族に車椅子が必要になったとき、どのような車椅子を選べばよいか悩みませんか。

車椅子に座って活動したり、外出を楽しむためには用途や体に合った車椅子を選ぶことが大切です。

ここでは、福祉用具の中でも移動手段に重要な車椅子の種類や選び方について紹介していきます。

 

車椅子の役割

車椅子には、大きな役割として「座る」「移動する」という2点が挙げられます。

それぞれどのような役割を果たしているのか見ていきましょう。

座る

体に合った車椅子やクッションなどを利用することで、今までベッド上でしか過ごすことができなかった人が、体を起こして座って過ごすことができるようになります。

車椅子に座ることができる」ということは、私たちが椅子に座って活動するように、自分で食事を食べる、机上で作業をするなど、自分の世界が大きく広がることになります。

移動する

移動には、自分で移動する場合と、他者の介助によって移動する場合があります。

いずれにせよ、移動ができるということは、家の中でも外でもいろいろな場所に行くことができるようになるということを指します。

家の中でトイレに行ったり、外で買い物や旅行を楽しんだり、散歩に出かけたりと、ベッドの上ではできなかったことに挑戦することができようになります。

 

車椅子の種類

日常生活の中で使う車椅子には大きく分けて4つのタイプがあります。

普通型(自走型)車椅子

その名の通り、車椅子に座っている本人が、自分の手や足を使って車椅子を動かすことで移動することができるタイプです。

普通型とはいえ機能はさまざまあり、ひじ掛け(アームレスト)や足置き(フットレスト)がとれるタイプのものや、体のサイズに合わせて座面の高さなどを変えることができるタイプのものまであります。

介助型車椅子


普通型に比べるとタイヤが小さく、移動は車椅子に座っている本人ではなく介助者が押して行います。

タイヤが小さい分、車椅子自体が軽くて折りたたむとコンパクトになるため、外出時に車椅子を車に乗せる際には便利です。

リクライニング型(ティルト型)車椅子

普通型車椅子よりも大きいタイプで、リクライニング型は背もたれの角度、ティルト型は座った姿勢のまま座面の角度を変えることができます。

両方の機能がついている車椅子もありますので確認してみてください。

また、背もたれは頭まで支えてくれるものが多く、足置き台(フットレスト)を上に挙げることができるタイプもあります。

普通型の車椅子に座ることは難しいけれど、ベッドから離れて、外出や食事をしたいという人などにおすすめです。

電動車いす

上記3つの車椅子が人力で動くのに対し、電動車椅子はその名の通り電気で動く車椅子です。

電動自転車のようなバッテリーを装着し、手元にあるスティックやハンドルを操作して、車椅子を動かします。

自分の手足で車椅子を操作して移動することが難しい場合でも、電動車椅子があれば買い物などの外出に行くことができるようになります。

車椅子の大きさなど一定の条件を守れば、免許なしで歩道を走ることができますので、気になる方は福祉業者などに相談してみてください。

付属品

・座面クッション:硬いもの~低反発のものまでさまざまな種類があります。

・転倒防止バー:後ろへ傾いて車椅子ごと転倒するのを防ぎます。

・ブレーキ延長用レバー:片方の手で左右のブレーキをかける際、ブレーキに手が届くように延長用レバーをつけます。

・サポートシート:背もたれにシートを装着して体を支え、座位姿勢を保ってくれます。

 

車椅子を使いたい場合はどうする?

車椅子の利用を考えている場合、レンタルと購入と2つの方法がありますので、それぞれのメリットを見ていきましょう。

レンタル

姿勢や体調の変化に合わせて車椅子を変更することができ、不要になった場合は返却することができます。

定期的にメンテナンスをしてくれるため安心して使うことができ、もし壊れた場合は修理や交換が可能です。

車椅子を購入すると高い費用が掛かりますが、介護保険を使ったレンタルでは所得に応じて1~3割の自己負担で使用することが可能となります。

レンタルの場合、外出先で使用する場合は、公共機関やショッピングセンターなど貸出車椅子を利用する、ご自宅やデイサービスなどで使う場合は、介護保険を利用してレンタルすることができます。

購入

毎日車椅子を利用して外出や仕事に出かける人などは、自分の体形に合った車椅子を作ることで疲れを軽減させることができます。

使用期間が長いことが考えられる場合は、初期費用はかかりますがレンタルするよりも費用を抑えられる可能性もあります。

レンタル品に傷をつけることが嫌な方や自分好みに車椅子をカスタマイズしたいという方は、レンタルでは自由にできないため購入を検討するとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

車椅子を利用することで、行動範囲が広がり、さらには活動や交流も広がり、自分らしい生活を送ることができるかもしれません。

さまざまな車椅子があるため、ご自身や家族の状態や体格に合わせて車椅子を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました