スポーツ ベット カジノ

デジタル一眼カメラ入門者が、買ってはいけないカメラ

デジタル一眼カメラ入門者は、入門機がおすすめ

デジタル一眼カメラを買うとき、スペックを見比べると思いますが、価格の高いハイスペック機を買っておけば間違いないと思われるでしょう。

それは、写真を嫌いにならずに続けられたときに結果として分かることです。

中には、仕事で疲れていて出かけたくないと言う人や、思ったより写真が好きではなかったという方が、高級なハイスペックカメラを買ってしまったら、それは単なる金銭的負担でしかないと言うことです。

金銭的負担を最小限とどめる方法として、デジタル一眼カメラ入門者は、入門機のデジタル一眼カメラを購入することをおすすめします。

価格的には、実売価格13万円ほどで、レンズ2本付きカメラが購入できます。この2本で広角~望遠をカバーします。

ハイスペックカメラだと、カメラ本体だけで35万円以上するものもあります。標準レンズが18万円ほどで合計53万円は超えてしまいます。

価格的に負担が大きいこともあり、入門機がおすすめとなります。

画質が大きく違うのではない?

SONY α6400(入門用デジタル一眼カメラ)の撮影例

「ハイスペックカメラとエントリークラスのカメラの画質が、大きく違うのではないですか?最初から画質の良い物を選びたいです。」と言う方も見えるでしょう。

安心してください。エントリークラスのデジタル一眼カメラでも、十分美しい写真が撮れます。

エントリークラスでも、スマホ内蔵カメラより綺麗な写真が撮れるので、誰でも満足するはずです。

ハイスペック機が問題なのは多機能すぎて扱いにくい点

デジタル一眼カメラ入門者には、ハイスペックカメラではなく入門機をおすすめする理由は、ハイスペックカメラが多機能すぎるという理由があります。

操作にあれこれ気を遣っていると、面倒くさくなってカメラが嫌いになってしまいます

まずは、入門機でF値(絞り)、シャッタースピード、ISOを学び、基本をマスターしたらハイスペックカメラに移りましょう。

これだけでも、自分好みの設定が何パターンもあるので大変なはずです。そして、構図・光の使い方も一緒に学んでください。

カメラの画質が、自分に合っているか考える

最初は、入門機で自分はカメラに合っているのかどうかをじっくり考えてください。

入門機用のカメラ使っているときは、設定をあれこれ変えて自分好みの設定を見つけ出す期間で、カメラの画質が、自分の好みと合っているかよく研究してください。

ソニー、Canon、Nikonあたりなら間違いなく自分の好きな画質に設定できるはずです。

私の感想ですが、ソニーはポートレート(人物)撮影に向いていて繊細な画質が出る印象で、Canonは力強い輪郭・鮮やかな色が出てスポーツ、モータースポーツなどで力強い写真が撮れます。Nikonは、風景写真が得意で芸術的な印象深い、心に訴えかける写真を撮りたいときに向いている気がします。

このようにメーカーそれぞれ得意分野が違います

入門用デジタル一眼カメラは、スペックが低いのか?

実は、入門用デジタル一眼カメラは性能が低いのではなくて価格帯的に入門しやすい(購入しやすい)のであって性能は高いです。

カメラ本体と同じくらいレンズの性能も物を言うので、レンズの好みも考える必要があります。

入門用カメラは大概、イメージセンサー(光や映像を電子信号に変える部分)がハイスペックカメラより一回り小さいAPS-Cサイズのはずなので、付属以外のレンズはAPS-C用レンズを買ってしまうところですがステップアップするとイメージセンサーが、フルサイズ(35mm)になるのでフルサイズ用レンズを買っておけばレンズがそのまま使えることになります。

APS-C用レンズは、大きなイメージセンサーのフルサイズでは使えません

APS-Cレンズの方が遙かに安いからと言って、フルサイズに移行する予定がある人は買ってはいけません。

入門用デジタル一眼カメラのメリット・デメリット

入門用デジタル一眼カメラのメリット

  • 高性能なのに価格的に購入しやすい
  • 順番に知識・技術を学んで高級なハイスペックカメラに進むと、金銭的な損失が少ない。
  • スマホの内蔵カメラより、美しい写真が撮れる
  • シンプルな操作性で扱いやすく、カメラ初心者が基本を学びやすい
  • コンパクトな物が多く、持ち運びに便利

入門用デジタル一眼カメラのデメリット

  • 写真が上手に撮れなかったとき、カメラが入門用だからと言い訳してしまう
  • シンプルな機能なので高級なハイスペックカメラより、表現の幅が少ないのは事実
  • 高級なハイスペックカメラに対して劣等感がストレスになる

まとめ

エントリークラスのカメラは、高性能なのに購入しやすい価格帯となっていて、だれでもデジタル一眼カメラを始めやすいでしょう。

操作性がシンプルで、スマホの内蔵カメラよりも扱いやすいです。

基本を学んでからハイスペックカメラに移行することで、予算を効率的に使え損失が少なくて済みます。

ハイスペックカメラは、エントリークラスのカメラより高性能ですが、本当はカメラに向いていなかったりすると金銭的損失は多大です。そして、できることが多い故、操作も複雑になって写真を嫌いになってしまうこともあり入門者には向きません

最初は無理をせずに、エントリークラスのデジタル一眼カメラから始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました