スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない?!虫除けスプレー

春から夏に向かって気温が上がってくると、気になってくるのが人に被害を及ぼす害虫です。

いつの間にか侵入して来た害虫に刺されたり、家の中で見つけると追い出したくなったり逃げ足を追いかけて虫除けスプレーを使って即退治したくなりますね。

しかし、虫除けスプレーにはどんな成分が入っているのか、吸い込んだ人に対する影響は無いのか気になりますね。

そこで買ってはいけない虫除けスプレーのメリットとデメリットを紹介します。

虫除けスプレーのデメリット

販売店に行くとさまざまな虫除けスプレーがあり、その有効成分は大きく「ディート」と「イカリジン」という二つに分かれます。

ディート

ディートは殺虫効果はないのですが、忌避剤として使用されています。

蚊は人や動物が吐く二酸化炭素や呼吸の発生源を察知して血を吸ってきます。

そして、ディートに触れた虫はそれを察知する能力がなくなるため、人や動物は虫刺されを回避できるのです。

しかし、人によって使う回数や使用する環境、使用量がまちまちだとディートを使用した後の影響に個人差が現れることがあります。

例えばディート入りの虫除けを使用し、けいれん発作や皮膚の発疹、めまいや喘息など主に12歳以下の子どもに影響があったと報告されることがありました。

また、ディートを化学繊維を使用した服の上からかけると変質したり変色したりと、服が溶ける影響が出る可能性があり避けたほうが無難です。

イカリジン

ディートに替わる合成忌避剤として開発されたのがイカリジンです。

イカリジンは特に副作用というほどのデメリットは無いのですが、あるとすれば防虫の対象になる虫が、蚊・ブヨ・アブ・マダニと少ないことです。

化学物質を使用した虫除けスプレー

他に化学物質を使用した虫除けスプレーは、吹きかけることによって広範囲に飛び散ります。

それを毎日吸い続けてしまうと、神経過敏症や発達中の神経に影響が出たり化学物質過敏症になってしまう恐れがあるので、使い過ぎないように十分注意が必要です。

手作り虫除けアロマスプレー

天然成分の精油を使った手作りの虫除けアロマスプレーのデメリットは、手作りなゆえに保存期間や効き目のある時間が短いことです。

防腐剤を入れていないため長くても2週間を目安に残った分は処分しましょう。

虫除けスプレーの種類とメリット

ディート

デメリットがあるディートですが、虫除けとしてごく一般的に使われていて蚊の成虫やアブ・ブヨ・マダニに効くのはもちろん、ノミやツツガムシなどさまざまな虫に対して効果が期待できます。

イカリジン

イカリジンは、年齢問わず赤ちゃんから大人まで全ての人に使えることと、使用回数に制限がないことです。

そしてディートに比べて匂いがキツくないので、匂いに敏感な人にも安心して使えます。

ただ全ての虫に効くわけではないので、その点は注意したほうがいいでしょう。

天然成分の精油を使った虫除けスプレー

昆虫忌避作用がある精油と水とアルコールを使って、手作り虫除けスプレーを自分で作ることもできます。

虫に直接吹き付けて退治するような殺虫成分はありませんが、虫が近寄って欲しくない場所に虫除けスプレーを吹きかけておくと効果が期待できます。

ただ、直接肌に吹き付けるのはお子さんや肌の弱い人は避けたほうが無難です。

なぜかというと天然成分の精油を含んでいるので、肌質や体調によって赤くなってかぶれたりヒリヒリしてくる場合があるからです。

そうなった場合は使用をやめて、すぐに水で洗い流すようにしてください。

そして3才未満のお子さんにも、直接肌につけるのは避けましょう。

虫除けスプレーを使う上で気をつけること

スプレー缶の取り扱い

スプレー缶の多くに可燃性ガスが含まれています。

なので、火の気のそばでの絶対に使用しないようにしたり、間違った廃棄方法をすると火事になる恐れがあるので気をつけなければなりません。

例えば台所で調理中、ガスを使用している火のそばでは使用厳禁です。

まとめ

買ってはいけない虫除けスプレーについて紹介してきました。

虫除けスプレーの一般的な有効成分に大きく分けてディートとイカリジンという二つの成分があり、それぞれ特徴を知り二つを使い分けることで虫除けの効果を発揮します。

ディート30%、イカリジン15%の高濃度製剤が一番長く持続効果が期待できます。

こまめにスプレーしなくても良いのは嬉しいですねl。

アウトドアシーンにぜひ使ってみてくださいね。

ディート12%以下の虫除けスプレーは生後6ヶ月以上から使用可能です。
しかし、6か月以上2歳未満は、1日1回まで、2歳以上12歳未満は、1日1~3回までと規定が決まっていますので使い方を間違えないようにして安全に使用しましょう。

夏に向けて虫が活発になる時期に備え、今からできる準備として虫除けスプレーの有効成分を知って正しく使い、害虫から身を守っていきましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました