スポーツ ベット カジノ

プロジェクターを買ってはいけない理由とは?

インドアの趣味として一番需要があるのが映画を観る事かもしれません。

そして、その延長で家にプロジェクターを付けたいと考える人も多いでしょう。

もちろん家がお洒落にはなりますが、それだけの理由で設置するのはあまりお勧めできません。

今回はプロジェクターを設置する時の注意点も含め解説しようと思うので、是非参考にしてみてください。

ワンルームには置けないかも?

プロジェクターは小さな物でも結構大きなものばかりです。

もちろん、今ではかなり小型の物でスマホのようなサイズで投影できる物もありますが、それで映画を観ることは難しいでしょう。

そして、ワンルームの部屋であればプロジェクターを置くスペースでさえ取る事が難しいかもしれません。

そのような場合には、今話題の天井にライトと同様に設置できる物が販売されており、狭い部屋やプロジェクターを投影するための機材を置くスペースが不要になるでしょう。

しかし、あくまでも2ルームくらいの部屋はあった方が良いと思います。

日常生活のスペースにプロジェクターがあるとなかなか非日常体験をする事は難しく、わざわざ映画を見ようという気にはならないかもしれませんね。

スクリーンが必要

次にスクリーンの問題について解説しようと思いますが、これに関しては賛否両論あるのですが、下部屋の壁紙が白いのであればスクリーンは不要だという方も結構多いです。

今では、プロジェクターの画素数がかなり細くなったので、新しいプロキェクターであれば壁に投影しても十分に観られるレベルにはあります。

しかし、光を投影して観るという観点からは、色彩が綺麗に投影されないと感じるかもしれません。

特に賃貸に住んでいるのであれば、スクリーンをつけるのは壁に穴を開けなければいけないので、現実的に難しいことからも諦めざる終えないのかもしれません。

もし、スクリーンをつけられる環境にあるのであれば、普通の壁紙は表面が凸凹しているので、やはり付ける事をお勧めします。

値段が高い

次に値段の問題に触れようと思いますが、やはり中々の値段はどうしても掛かってしまいますね。

しかし、昔は施設や学校に設置されるくらいで、家庭に導入される事はありませんでした。

そして、プロジェクター自体も天井にネジなどで固定される物ばかりで、家庭に設置することなどは到底考えられませんでした。

今では、家庭用として少し小さく取り回しやすいようなモデルが販売され、比較的気軽に購入できるようなりました。

また、中古の物でも十分に使う事ができ、学生の方でも買えるような値段で販売されているので、自分の部屋の大きさに合わせて購入すると良いでしょう。

もちろんお金に余裕のある方は、それだけ部屋数や大きさも十分なので、グレードの高いモデルを購入すると良いかもしれませんね。

音響設備も必要

プロジェクターを設置したい人の多くが、投影できればお仕舞いだと思っていますが、プロジェクターと同時に音響設備が必要だとはあまり思っていません。

むしろ、スピーカーがない場合は投影されるだけで、音が出なくて音響設備が備わっていないと気付く事がほとんどかもしれませんね。

今では一体型のものもありますが、映画を観るためにはDVDプレーヤーもしくは映画が見られるコンテンツにインターネーを繋げる仕組みが必要です。

それと同時にスピーカーも繋げるので、どちらにせよプロジェクター以外の機材が必要になってくる事は覚えておいた方が良いかもしれません。

また、音響設備は自分でつけた方が、音の出る方向や音量を変更しやすいので便利だと思います。

遮光カーテンに変えなければならない?

もし映画を日中に見るのであれば、間違いなく遮光カーテンに変えた方が良いでしょう。

なぜならば、プロジェクターの光はあまり強くはなく、外から光があると上手く投影できないかもしれません。

もちろん直接的に太陽の光が当たらない場合でも、部屋が明るいと映画を観る際にはあまり良い環境とは言えません。

その為、遮光カーテンを用意する必要があり、デメリットとしてはワンルームの場合であれば光が遮られるので、朝起きれない事もあるかもしれません。

しかし、逆に真っ暗の方が熟睡できるという方もいるので、メリットデメリットはそれぞれあるかもしれませんが、プロジェクターを置く部屋には必須だと考えて良いでしょう。

管理が大変

プロジェクターを管理する上で重要な事はいくつかあります。

まずは、レンズに傷がいかないように使い終わるたびにカバーをする必要があります。

また、埃があまりつかないようにする意味もあり、レンズに直接触れないように出来るだけ掃除しなくて良いようにしなければいけません。

そして、高温になりやすいので長時間使用する事は出来るだけ避ける必要があるでしょう。

直射日光や部屋が暑くなるのを出来るだけ防ぐ必要があるので、長く使いたいのであれば管理は徹底して行うようにしましょう。

まとめ

いかかでしたか?

プロジェクターを設置する上での注意点は多いかもしれませんが、一度設置してみてハマってしまい引っ越しをして物件を決める際にはこれを基準にして決める人もいるくらい家での時間を快適に過ごす事ができるかもしれません。

まずは、自分の間取りなどを確認してから購入すると良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました