スポーツ ベット カジノ

カルピスは買ってはいけない!体にいいってホント?

体にピースのフレーズでお馴染みのカルピス。

昔はお中元でもらうことも多く、それを楽しみにしていた子供たちが多かったのではないでしょうか。

体にいいとされる乳酸菌が入っており、甘酸っぱい味がクセになるカルピスですが、この乳酸菌が入っているということだけで、本当にカルピスは体にいいのでしょうか?

この記事では、飲料のカルピスについてご紹介します。

乳酸菌の効果

乳酸期とは、糖を発酵させて乳酸を作り出す細菌の総称です。

乳酸菌の働きに注目が集まり、食品製造の利用だけでなく、健康づくりに関しての研究も行われています。

世界中で乳酸菌を利用した食品は存在し、人々の生活に役立っているのです。

乳酸菌は腸内に元々存在する菌ですが、食品の摂取などによって体内に取り入れることも可能です。

乳酸菌の摂取が体にいい理由として

  • 腸内のバランスを整え、便秘やアレルギーの改善
  • 血圧をさげる効果
  • 免疫像増強作用
  • コレステロール低減作用
  • 老化防止

などの効果が期待されるからです。

確かに乳酸菌は摂取して損はないものですよね。

乳酸菌は一定期間腸内に留まりますが、住みつくことは少ないので、毎日適切な量を摂取することが重要になってきます。

毎日のことならば、飲料のカルピスは簡単に飲むことができ続けやすいので、乳酸菌の摂取にはうってつけですよね。

しかし、カルピスと言っても様々な種類があり、全てのカルピスが体にいいものなのでしょうか

カルピスの種類と原材料

カルピスにも様々な種類があります。

カルピス(希釈タイプ)

カルピス糖質60%オフ(希釈)

カルピスウォーター

カルピスソーダ

それぞれの原材料を見てみましょう。

カルピス(希釈)

乳(国内製造)、砂糖/香料、大豆多糖類

カルピス糖質60%オフ(希釈)

乳(国内製造)、砂糖/酸味料、香料、安定剤(ペクチン)、甘味料(アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)

カルピスウォーター

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料/酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)

カルピスソーダ

砂糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料/炭酸、酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)

カルピス(希釈)の原材料の添加物として「香料」「大豆多糖類」とあります。この2つの添加物の有害性はあまり報告されていません。

これがカルピスの原液成分です。

しかし、カルピス糖質60%オフ(希釈)・カルピスウォーター・カルピスソーダには、更に数種類の添加物が含まれていることが分かります。

この添加物の中には、摂取することでリスクを伴うものもありますので紹介します。

果糖ぶどう糖液糖

砂糖よりも甘味が強く、涼飲料水や栄養ドリンク、ガムシロップ、焼き肉のたれのような調味料などの原材料として大変よく使用されています。

果糖ぶどう糖液糖は満腹感を得られにくく、空腹が解消されにくいため過剰摂取しやすくなります。砂糖と比べて血糖値を急上昇させやすいという特徴もあります。その結果、砂糖以上に肥満や虫歯、そして老化を招きやすい糖分であるといえます。

また、果糖ぶどう糖液糖の原材料となるトウモロコシは、そのほとんどが遺伝子組み換え作物の可能性があります。遺伝子組み換えのものを人が食べるとアレルギーの原因になると言われています。

甘味料

甘味料全てではなく、人工的に作られた人工甘味料に問題があると指摘されています。()内の甘味料は殆ど人工的なものになります。

これらの過剰摂取により、鬱や不眠などの精神疾患を引き起こす可能性があるのです。また、肝機能の低下、脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクも高まるというデータがあります。特にアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物は、新生児が摂取すると脳に障害が起こる可能性があるというデータもあります。

このように、人工甘味料などの添加物は摂取することでの危険性が高いのです。

ガンや糖尿病、生活習慣病はもちろん、心臓病、脳機能障害など多くのリスクを抱えているのが現実です。

これらの添加物はカルピスだけでなく、様々な清涼飲料水に含まれていますので、ジュースの飲みすぎには注意が必要と言われる理由が分かりますよね。

まとめ

体にいいと言われるカルピスですが、実際に体にいいのは乳酸菌です。

結論として、体にいいと言われるカルピスは原液のカルピス(希釈)白です。

それ以外のカルピスには添加物が複数含まれており、毎日の摂取はお勧めできません。

これらの加糖ぶどう糖液糖や人工甘味料は様々な食品にも使われていますので、多少の摂取で健康被害を受けるものではありません。あくまでも、過剰に摂取することが問題なのです。

たまに気分転換のために飲むくらいならいいでしょうが、それが日常化してしまうと体の負担となり、様々な影響を及ぼしてしまいます。

カルピスのみならず、食品を購入する際は原材料を確認するクセをつけた方がいいかもしれませんね。

カルピス
¥1,009 (2023/11/12 22:52時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました