スポーツ ベット カジノ

買ってはいけないノミ取り首輪

ホームセンターやペットショップで「ノミ取り首輪」という商品を見かけたことはありませんか?

装着するだけでノミ対策ができるということで、ペットを飼育している方は購入を検討することがあるかもしれません。
しかし、市販のノミ取り首輪にはあまりメリットがないばかりか、デメリットが大きいという情報が動物病院などから発信されています。

今回はなぜノミ取り首輪を買ってはいけないのか、その理由について解説いたします。
是非最後までご覧ください。

局所的な効果しかない

まず前提として、ホームセンターなどで売られている市販のノミ取り首輪は「動物用医薬部外品」です。
この「動物用医薬部外品」は動物病院で処方される「動物用医薬品」に比べて作用が緩やかなものと規定されており、期待できる効果も少ないといえます。
そのため市販のノミ取り首輪の駆虫効果は薄く、その作用は首周りだけに限られます。

首回りだけ対策できても、他の部分にノミが残ったままではノミ駆除としての意味はありませんよね。
市販のノミ取り首輪ですと天然成分を主に使用した不十分な作用であるものが多く、全身のノミに対処できない場合がほとんどのようです。

また首輪周辺においても、予防程度の働きはしても既に寄生したノミを駆除するほどの力はないという意見もあります。
痒そうにしている、体表にノミが確認できるなど、既にノミが気になっている場合は効果が実感できないことが多いでしょう。

ノミ以外には効果がない

また、ペットに害をなす虫にはノミ以外にも存在します。

激しい皮膚のかゆみや脱毛を起こす疥癬(かいせん)という病気を引き起こすヒセンダニや、ペットに噛みつき細菌やウイルスなどの病気を媒介するマダニなどが有名です。
これらの害虫はノミ取り首輪では対処しきれません。

主に屋外で感染するため、完全室内飼育のペットでは心配は少ないですが、毎日散歩に行く犬などをノミ取り首輪のみで守り切るのは不可能です。

害虫はちょっとした草むらや公園など、どこにでも潜んでいる可能性があるので些細なことでも感染しえます。
ペットとお外にいくという飼い主さんは特に気を付ける必要があります。

薬剤が副作用を起こす可能性がある

ノミ取り首輪は駆虫作用のある薬剤を染み込ませて作られています。
これらの薬剤に対してペットがアレルギーを起こし、体調を崩してしまう可能性があります。

同じノミ取り首輪でも、動物病院で処方されるものは経過を見て副作用がないかを観察してもらえますが、飼い主さんがホームセンターなどで買い求めたものだとアレルギー反応が出ていることに気づかず過ごしてしまう可能性があります。

海外ではノミ取り首輪が原因でペットが死亡したという痛ましい事件も報告されています。
首輪の付近に湿疹や炎症が見られる場合には、ノミ取り首輪によるアレルギーを疑ったほうがいいでしょう。
皮膚への症状以外にも、食欲がなくなる、貧血になるなどの全身症状が出る場合もあります。

素材が硬い

市販のノミ取り首輪の多くはポリ塩化ビニル(PVC)という硬めの素材でできています。
これは布など他の素材で作られた首輪より刺激が強く、接触によって脱毛などを引き起こしやすくなっています。

皮膚が弱いペットの場合は薬剤による刺激だけでなく、物理的接触による刺激も考慮しなければなりません。

またポリ塩化ビニル製のノミ取り首輪は重みもあるため、硬さと合わせてさらに表皮への負担が大きくなっています。
さらに通気性が悪いこともペットの表皮にはマイナスに働きます。

首輪の周囲だけ脱毛が気になる、ハゲができてしまったという場合には首輪の素材が原因である可能性を考慮したほうがいいでしょう。
もしこのような症状に気づいたら、今使っている首輪は外してできるだけ早めに動物病院にご相談ください。

ノミ対策は動物病院で

いかがでしたでしょうか。

まとめると、
・市販のノミ取り首輪は効果が低い。
・ノミ以外の害虫には効かない。
・薬剤の副作用が出る可能性がある。
・素材による表皮へのダメージがある
ということでした。

ペットのノミが気になったら、ノミ取り首輪に頼らず動物病院にいくことをおすすめします。
動物病院で処方してもらえる「動物用医薬品」なら、市販品よりも高い効果を期待できます。

さらに、ペットの体重に合わせて適切な用法容量を指示してもらえるため副作用に繋がりにくいです。
外用だけでなく、食べてノミ対策ができるおやつタイプの内用薬などもありますので、ペットに合わせて適切な治療が可能です。

害虫の中にはペットから人へ感染し、病気を媒介するものもあります。
ペットだけでなく飼い主さんのためにも、早めに動物病院に罹りしっかりとした対策をしましょう。
日々の健康診断などを通じて、信頼できるかかりつけの動物病院を決めておくと安心です。

正しく害虫対策をして、ペットと楽しい日常をお過ごしください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました