スポーツ ベット カジノ

買ってはいけないローマンカモミール

カモミールは日本でも「カミツレ」と言われ、古くから生活の中で活用されてきました。

そんなカモミールですが、大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか?

 

一つはハーブティーにもよく使われているジャーマンカモミール

いわゆるカミツレですね。

そしてもう一つはローマンカモミールです。

 

ジャーマンカモミールとローマンカモミール。

この二つにはいったいどんな違いがあるのでしょうか?

ガーデニングや家庭菜園を初めてすぐの頃は、このような似たような名前の種類の植物がわかりにくく感じる方も多いようです。

自分が育てた植物を有効に活用するためにも、植物の名前とその働きは知っておきたいところですよね!

 

というわけで、今回はカモミールについてのお話です。

 

よく見かけるカモミールは2種類

まずはカモミールの基本的なお話から。

 

カモミールの基本情報

ジャーマンカモミールローマンカモミール
学名Matricaria chamomillaChamaemelum nobile
科名/属名キク科/シカギク属キク科/カマエメルム属
種類一年草多年草
開花時期春〜初夏初夏〜夏

 

表を見ても実はかなり違う種類の植物な事がわかりますよね!

園芸店やホームセンターで売られているカモミールの苗は、このジャーマンカモミールかローマンカモミールがほとんどです(少し変わったカモミールの仲間を販売しているところもあります)

ぱっと見は似ていますが、花の形、特に真ん中の黄色い部分(花芯)が盛り上がってくるのがジャーマンカモミールです。

 

<ジャーマンカモミール>

 

花芯がそこまで盛り上がらないのがローマンカモミールです。

 

<ローマンカモミール>

 

またローマンカモミールの方が植物全体が大きめで、開花期が遅いという違いがあります。

後述しますが、ローマンカモミールは葉などから青リンゴのようなとても良い香りがするのも大きな特徴です。

 

ハーブティーに使われているのはジャーマンカモミール

鎮静や鎮痛、心を落ち着かせる、穏やかな睡眠を誘う、など働きの多いカモミールティーは基本的にジャーマンカモミールが使われています。

(西洋でマザーハーブと言われているのもジャーマンカモミールです)

カフェなどハーブティを取り扱うお店でカモミールティーと言えば、ほとんどの場合このジャーマンカモミールティーだと思って下さい。

 

ローマンカモミールも使われないわけではないのですが、ジャーマンカモミールよりも苦味が強く、心や体への働きも変わってきます。

 

主要成分

ジャーマンカモミール
  • カマズレン
  • フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)
  • マトリシン
  • α-ビサボロールなど
ローマンカモミール
  • アンゲリカ酸イソブチル
  • α-ピネン
  • アンゲリカ酸メチル
  • アンゲリカ酸2-メチルブチルなど

 

カモミールティーは、そのとても落ち着く甘い香りが特徴で、自宅でも常に飲みたいという方がたくさんいるハーブです。

自分のプライベートタイムや、自宅にお客様をお招きした時など、自分で育てたハーブでハーブティーを作れるのは本当に楽しい事です。

ハーブは鑑賞するだけではなく、活用する事で最もハーブの楽しさがわかるもの。

だからこそ、育てるハーブの種類は間違えないようにしなくてはいけません。

 

カモミールティーを楽しむなら、基本的にはローマンカモミールではなくジャーマンカモミールを育てて下さいね。

ローマンカモミールの活用方法

それではローマンカモミールは全く活用できないのでしょうか?

もちろん、そんな事はありません。

ローマンカモミールにはローマンカモミールにしかない魅了があります。

ここからはローマンカモミールの活用方法についてお話ししますね。

ローマンカモミールは葉っぱなどから香る青リンゴのような香りが一番の特徴です。

この香りを利用する方法として簡単なのは、カットしたローマンカモミールをそのままお部屋に飾れば自然な香りのルームフレグランスになります。

またお風呂に入れれば、爽やかな青リンゴの香りのハーバルバスになりますよ。

お風呂に入れる場合は摘みたてのフレッシュなものでもいいですし、ドライにしたものでも構いません。

入浴後の掃除を楽にするためにお茶パックなどに入れてから湯船に入れるのがおすすめです。

 

もう少し手間をかけるなら、ティンクチャー(チンキ)を作るのもいい方法です。

ハーブをアルコールに漬けるだけで作る事ができる上に、保存もききます。

使用したいときに手軽に使えるので、ティンクチャー(チンキ)にするのは個人的にとてもおすすめな利用方法です。

 

また、苦味はあるもののハーブティーとして使うことも可能です。

鎮静作用もあるので、あえてローマンカモミールをハーブティーとして利用する方もいらっしゃいます。

※カモミールはジャーマンもローマンもキク科なので、キク科アレルギーの方は注意が必要です。

 

エッセンシャルオイル(精油)のカモミールも使いやすい

番外編として…

カモミールはジャーマンもローマンもエッセンシャルオイル(精油)があります。

 

ハーブを自分で育てるのはとても楽しい事ですが、活用できるような大きさまで育てるのが待てない方は、エッセンシャルオイル(精油)を使うのも一つの手です。

気軽に香りを楽しんだり、手作りコスメにも使いやすくて大変重宝します。

エッセンシャルオイルでもジャーマンカモミールとローマンカモミールは香りや働きが違うので、選ぶときに自分に合ったものを選んで下さいね!

※エッセンシャルオイルでも(精油)キク科アレルギーの方は注意が必要です。

 

ローマンカモミールのまとめ

さて今回はローマンカモミールについてのお話でしたがいかがだったでしょうか?

・カモミールティーとして楽しみたい場合は、基本はジャーマンカモミール

・間違ってローマンカモミールを買ってしまっても、ちゃんといろいろな活用法がある

 

この2点がお伝えできていたらいいなと思います。

カモミールのそれぞれの特徴を把握しながら、ガーデニングライフを楽しんで下さいね!

タイトルとURLをコピーしました