スポーツ ベット カジノ

イカの塩辛は買ってはいけない?身体への影響は?

 

イカの塩辛を食べたことがある、または聞いたことがある人は多いかと思います。

特に、お酒を飲む人は、おつまみとして塩辛が好きな人も多いのではないでしょうか。

そんなイカの塩辛ですが、イメージとして「塩分が高い」「痛風になる」といったイメージを持ってる人も少なくないと思います。

イカの塩辛は本当に体に悪いのでしょうか?

実は、食べるときに注意しなくてはいけないポイントがあります。

この記事では、そんなイカの塩辛についてお話します。

イカの塩辛って何?

イカの塩辛は、生のイカと内臓を塩漬けにして、酵素の力で発酵させた発酵食品です。

発酵を促進するために麹、保存性を高めるために日本酒、脂肪の酸腐を抑制するために唐辛子を加える場合もあります。

イカの塩辛を単独で食べることがほとんどですが、調味料としても利用することができます。

塩辛の種類も様々で、イカに続いてエビやイワシ、タコやカツオの塩辛などもあり、昔から保存食として親しまれています。

食べ過ぎは危険!

どんな食品でも、食べ過ぎると体にとっては毒となる事があります。

その理由についてご紹介します。

塩分

ご存知の通り、イカの塩辛は高濃度の塩で発酵させています。

市販のイカの塩辛には、100gあたり4〜10gもの塩分が含まれています。

一日の塩分摂取量は、大人でだいたい7g〜8gと言われていますので、少しの量であれば問題ありませんが、おかわりして何回も食べてしまうと一日の塩分量はあっという間に超えてしまいます

ご飯のお供としては相性がいいので、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

十分注意して食べないと、体に悪影響を及ぼします。

プリン体

イカには多くのプリン体が含まれています。

イカの塩辛は生のイカを使用していますので、もちろんプリン体を含んでいます。

プリン体を摂りすぎると、尿酸値が高くなり痛風という病気になります。

言葉の通り、風が当たっただけでも痛みが走るという怖い病気なので、食べ過ぎには十分注意が必要です。

既に痛風の症状がある人は、悪化させる危険性もあるため、食べるのを避けた方がいいでしょう。

食中毒の危険性は?

まず、作る工程で塩分量が少なかったりすると、腸炎ビブリオという細菌を殺菌できずにそのまま食べてしまう可能性があります。

腸炎ビブリオ食中毒になると、激しい腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こしてしまいます。

また、イカの体内にはアニサキスが潜んでいる可能性が高く、特に夏は注意が必要です。

市販のイカの塩辛は、一度冷凍処理するためアニサキスは死滅しますが、自分で作る場合に冷凍工程を踏まないとアニサキスをそのまま食べることになるので危険です。

 

実は健康面に良い影響も!?

塩分やプリン体など、摂りすぎると悪影響のあるイカの塩辛ですが、体にとってうれしい効果もあるのはご存知でしょうか?

イカの塩辛は生のイカを丸ごと使って熟成しています。イカの栄養と肝の栄養が合わさっているのが特徴です。

 

まずは、疲労回復をサポートしてくれるタウリン

名前を聞いたことがある人も多いかと思います。

タウリンには肝機能を助ける効果があり、血圧の上昇を防いだりコレステロール値の上昇を防ぐ効果があります。

次にビタミンA・Eです。抗酸化作用により、体内の活性酸素を取り除いて、肌の参加を予防してくれます。また、肝の酵母菌とイカのコラーゲンの働きで肌の調子を整えてくれるので女性に嬉しい栄養素ですよね。

さらにビタミンB群(特にビタミンb12)を含むため、貧血の予防・改善や眼精疲労にも効果があります。

 

イカの塩辛の楽しみ方

そのまま食べたり、ご飯に乗せて食べてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまうイカの塩辛。

食べ過ぎないために、食べ方をアレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

・お茶漬け

お茶漬けのトッピングとして、ほんの少量を足すだけでサッパリと味わえます。また、お酒の締めとしてもピッタリです。

・パスタ

パスタのグ具材としてイカはピッタリです。

塩味もあり、具材としてだけではなく、調味料としても活躍します。

いつものパスタに飽きたらイカの塩辛を使って、いつもと違うパスタを楽しんでみてください。

・冷ややっこ

これもサッパリとしたおつまみに最適です。

シンプルですが、味わえる組み合わせになっています。黄身やアボガドを一緒に乗せても楽しめます。

 

このように、イカの塩辛だけで様々な料理にアレンジとして加えることができます。使う量を調整して食べ過ぎないように料理を楽しんでみてください。

まとめ

このように、様々な栄養を豊富に含んでいるイカの塩辛。

塩分が高いからと避けてしまうのは勿体ない食べ物ですよね。

では、なぜ買ってはいけないのか。

それは「食べ過ぎてしまう」からです。

イカの塩辛は健康への嬉しい効果や、栄養満点の食材であることが分かりました。

せっかくの効果も、食べ過ぎることによって逆に体への負担になってしまう事があるのです。

ビタミン、ミネラル、タウリンといった、疲れた体を癒してくれる栄養がたっぷり。

頑張った日のご褒美として食べるのはいかがでしょうか?

イカの塩辛は、美味しく適度に食べましょう。

タイトルとURLをコピーしました