スポーツ ベット カジノ

契約してはいけない医療ダイエット!その理由とは?

あなたは「医療ダイエット、医療痩身」といった言葉を耳にしたことがありますか?

最近インスタのストーリーやウェブサイトで広告がよく流れてきますよね。「寝てるだけで-15kg!」「医療に基づくダイエットだから確実に痩せる!」などと書かれていますね。

私も年中ダイエットをしていますが、有酸素運動をしたり、筋トレをしたり、食事制限をするのは本当に大変ですよね。「できるだけ楽に痩せたい」と誰もが思います。そんなあなたは医療ダイエットの存在がとても魅力的に感じるでしょう。

しかし、医療ダイエットにはさまざまなリスクや欠点があります。そこで今回は医療ダイエットの落とし穴についてご紹介します。

エステ痩身とは?

近年は医療ダイエットと並んで、エステ痩身も大変人気があることをご存知でしょうか?ほとんどの医療ダイエットではこのエステ痩身の機械を使用します。

そこで、医療ダイエットの話をする前に、このエステ痩身についてご紹介します。

エステ痩身では機械やマッサージなどにより、健康的に引き締まった身体を目指すことができ、過度なダイエットなどで筋肉が落ちてしまうような痩せ細った体ではなく、女性らしく美しい体を作ることができる、と言われています。

次に、エステで使用される代表的な機械についてご紹介します。

・キャビテーション

痩身エステメニューの一つで「切らない脂肪吸引」と呼ばれています。通常の脂肪吸引では余分な脂肪を手術によって除去しますが、キャビテーションは手術ではなく専用の機械を使用して切らずに脂肪を除去します。ピリピリとした感覚で、ほとんど痛みはありません。

皮膚の上から超音波を当てることによって、振動で体内の水分から気泡が発生し、破裂する衝撃で脂肪細胞が破壊されます。破壊された脂肪細胞はリンパ液を通り、老廃物として体外へ排出される仕組みです。

・ラジオ波

ラジオ波とは、高周波の電磁波を利用した機械です。高周波を当てることにより体内に熱を発生させ、冷たくなった脂肪を温めて燃焼させやすくし、代謝を上げる効果を持ちます

ハイパーナイフ、サーモシェイプ、インディバなども全てラジオ波を利用したマシンの名前です。マシンを使用するので、部分痩せができると言われています。

医療ダイエットとは?

次に、医療ダイエットについてご紹介します。

医療ダイエットでは、上記のキャビテーションやラジオ波などの機械に加えて、脂肪溶解注射、薬、点滴などを使用します。

痩身エステは「体質改善をして痩せやすい体を作る」ことを目的にしているのに対して、医療ダイエットは「脂肪細胞の数を減らす」ことを目的としています。

医師が医学的根拠に基づいて行う医療行為であり、脂肪溶解注射、痩せ薬、ダイエット点滴などさまざまな施術方法があります。

これにより、エステ痩身と比べて値段がかなり高いのが欠点です。

医療ダイエットの落とし穴

エステ痩身と医療ダイエットの両方をご紹介しましたが、あなたはどちらの方を受けてみたいと思いますか?

「多少お金を払ってでも効果のある医療ダイエットを受けたい!」と思う方も多いでしょう。

しかし、医療ダイエットにはいくつか落とし穴があります。

実際に私は、医療ダイエットのクリニックに勤めているお医者さんと直接お話しさせていただきました。「正直、医療ダイエットって効果あるんですか?」と失礼ながら伺ったところ、

効果はあるよ、ただ辞めたらすぐリバウンドするよ」と言われました。

そうなんです。これが医療ダイエットの落とし穴です。確かに機械や薬で脂肪細胞の数を減らすことができるので短期間で痩せることができるのですが、食生活や運動量を変えていないため、医療ダイエットが終わった後はどんどんリバウンドしてしまいます。

よく考えてみたら当たり前ですよね。脂肪細胞の数は一度減らしたら二度と増えないわけではありません。薬や機械で減らしていた分の脂肪細胞が普通に増えてしまうので太るわけです。

また、「医療痩身がなんと6ヶ月分無料!」と書いてある王手クリニックの広告を見たことがありますか?(私はインスタのストーリーで何度見たか覚えてないほどたくさん流れてきました。)

高額な費用がかかる医療ダイエットが6ヶ月分も無料で受けられたら嬉しいですよね。しかし、これにも罠があります。

まず、そのサイトには「3ヶ月で15kg痩せる!」と記載されていました。それならば3ヶ月で辞めても良いくらいの成果ですよね。なのに6ヶ月分無料にしているということは、長期間通わなければいけないということです。

さらに、1ヶ月に落として良い体重は、体重の5%まで(50kgの人であれば2.5kgまで)であり、それ以上落とすと脂肪だけでなく筋肉や水分まで落ちてしまうため、代謝が落ち結果的に痩せにくい体になってしまいます。

また、上記の通り、通うのを辞めたらリバウンド→痩身に通う→痩せる→通うのを辞める→リバウンドの負のスパイラルに陥ってしまいます。体に負担がかかるだけでなく、お金もどんどんなくなってしまいます。

まとめ

今回は医療ダイエットの落とし穴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

もちろん、医療ダイエットをしながら食生活に気を使い、適度な運動を行うと効果的であり、リバウンドもしにくいです。モチベーションを上げるために一度受けることもアリです。

しかし「頼りすぎは良くない、努力も必要」ということも忘れてはいけません。

正しく利用し、体づくりがんばりましょう♪

タイトルとURLをコピーしました