スポーツ ベット カジノ

契約してはいけない医療脱毛!その理由とは?

あなたは脱毛を受けたことがありますか?

脱毛には医療脱毛、エステ脱毛、光脱毛、脱毛クリーム、家庭用脱毛器・・などたくさんの種類があり、「正直どれを選べば良いのかわからない!」という方も多いでしょう。

一般的に「エステ脱毛は一時的で、医療脱毛は永久脱毛である」という認識があります。そこで「高い金額を払ってでも永久脱毛できる医療脱毛に通いたい!」と考えるのは当然です。

しかし、医療脱毛にはいくつかの落とし穴があり、これを知っていないと大きな損をすることがあります!

今回はそんな医療脱毛の落とし穴と脱毛サロンの選び方をご紹介します。

エステ脱毛とは?

あなたはエステ脱毛と医療脱毛の違いは分かりますか?

そう言われるとなんとなくしか分かりませんよね。そこでまずは、エステ脱毛と医療脱毛について細かく解説していきます。

まず、エステ脱毛についてご紹介します。エステ脱毛とは「制毛・抑毛のための施術」のことを指します。エステティシャンが施術を担当し、脱毛サロンで脱毛が行われます。

エステティシャンとは、資格がなくても働くことができる職業であるため、実技などの実習やある程度の知識をつけた人であれば誰でも施術ができます。最近では美容に対する意識が日本で高まっているため、エステティシャンを目指す人も多いようです。

また、光脱毛機器という機械を使用し、肌に光を照射することによって毛根にダメージを与えて毛の発育を一定期間止めることができます。

そしてエステ脱毛は医療行為ではないため、脱毛機器の照射出力に制限があり、医療脱毛よりも弱い出力で肌にあてるため、痛みを感じにくいです。

脱毛は毛周期(毛が生え変わる期間)に合わせて行うと最も効果が出ます。毛周期は部位や人によって個人差があるのですが、だいたい2~3ヶ月ほどで生え変わると言われています。

つまり、照射出力が弱いエステ脱毛は15回ほど当てなければならず、脱毛が完了するまで約2年半ほどかかります。

また、半永久的に通わなければならないため、エステ脱毛の方が初期費用が安い場合が多いです。

次に、医療脱毛について紹介します。

医療脱毛とは?

さて、先ほどはエステ脱毛についてご紹介しましたが、今度は医療脱毛について紹介します。

医療脱毛は、医療機関のみで扱うことができる「レーザー脱毛器」という機械を使用し、医療資格者である医師や、看護師がクリニックで施術を行います。

つまり、エステティシャンとは異なり、資格を持った人が施術を行うため、照射漏れが少ない傾向にあります。

また、医療機関でしか扱えない強力なレーザーを肌へ照射して、毛根の細胞を破壊することにより、エステ脱毛に比べて脱毛効果が高いです。

しかし、照射出力が高いため太い毛などは特に痛みを感じやすいです。(私も実際に医療脱毛を全身受けたことがありますが、脇やデリケートゾーンは非常に痛みが強く、悲鳴をあげていました笑)

また、クリニックによっては、冷却機能が搭載されていて痛みを軽減させたり、麻酔クリームを使用することができるところもあります。

期間は、毛周期に合わせて5回で完了できるため、約半年〜1年間で脱毛を終わらせることができると言われています。

回数が少なく、強力な機械を使用するため、1回あたりの金額がエステ脱毛に比べて費用が高額です。

医療脱毛の落とし穴

ここまで、エステ脱毛と医療脱毛についてそれぞれご紹介しましたが、あなたはどちらの脱毛を受けたいと思いましたか?

「エステは毛を抑制する効果しかなくて、またどうせ生えてくるなら医療で終わらせたい!」「医者や看護師さんが施術してくれるから医療脱毛の方が絶対安心!」と感じる方も多いと思います。

しかし、安易に医療脱毛を信用してはいけません。医療脱毛には思わぬ落とし穴が存在します。

そこで実際にあった医療脱毛の落とし穴についてご紹介します。一つ目は・・

医者が施術していればどんな機械でも医療脱毛と言うことができること」です。

つまり、医療脱毛と言いながらエステで使う光脱毛機を使用していることがあるのです。恐ろしいですよね。高いお金を払い、光脱毛で抑毛されるため、毛がなくなったと勘違いしてしまいますが、時間が経ったらまた生えてきます。

二つ目の落とし穴は「麻酔クリーム」です。

医療脱毛の最大の欠点は痛みが強いことです。これが軽減されるならとても嬉しいですよね?

当時私もそう思っていました。私が通っていたクリニックは「麻酔クリーム無料!」と書いてあったため、施術が始まる時に「麻酔クリームを使っていただけますか?」とお願いしたら看護師さんになんて言われたと思いますか?

一応使えますが、効果が落ちてしまうので使わない方が良いです

と言われたのです。絶望し、結局クリームは使わずに激痛に耐えました。

麻酔クリームを塗ると、皮膚と機械の間に距離ができてしまうので脱毛効果が低くなってしまうのです。脱毛する時に日焼け止めや保湿クリームを塗ってはいけないのはこのためです。

麻酔クリームはたとえクリニックにあったとしても使えないと考えた方が良いでしょう。

まとめ

今回は医療脱毛の落とし穴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

脱毛するところを決める場合、機械の確認は必ず行いましょう。基本的にはホームページに記載してありますが、書いていない場合は医療脱毛であっても、エステ脱毛の機械を使用している可能性が高いので、カウンセリングの時に必ず聞きましょう。

また、予約状況を聞くことも大切です!

この記事が参考になり、正しいサロンやクリニックに通ってキレイになれると嬉しいです♪

タイトルとURLをコピーしました