スポーツ ベット カジノ

首・肩こりに悩む人が買ってはいけない枕とは?

あなたはいま、がこってはいませんか?

首や肩周りのこりにお悩みの方は、一度「枕」が自分に合っているかを見直してみることをオススメします。

なぜなら、自分に合わない枕を使用し続けることで、首・肩こりがより悪化してしまう危険性があるからです。

自分に合った「枕」というのは、後頭部と首の間にしっかりとフィットしていて、寝返りが打ちやすい枕です。

この記事では、枕を選ぶ際の注意点いくつか挙げ、首・肩こりに悩む人が買ってはいけない枕や、おすすめの枕をご紹介していきたいと思います。

よろしければ、最後までお読みください。

首・肩こりの起こる仕組み

まず、首や肩がこる原因についてですが、首や肩が緊張している状態を長時間続けることでなるそうです。

そのため、長時間のデスクワークや、重いカバンを肩にかけて長距離を移動すると、首や肩がこり固まってしまう可能性があります。

また、自分に合っていない枕を使用すると、首や肩が緊張したままの状態が睡眠中にずっと続いてしまうため、同様に首・肩こりの原因となってしまいます。

枕の選び方

ここでは、枕の種類選び方について、ご説明していきたいと思います。

大きさ

枕の大きさは、

  • 小さめ:50×35㎝
  • 標準:63×43㎝
  • 大きめ:70×50㎝

の3種類が主流となっています。

ベッドが狭い場合や、お子様・女性は「小さめ」サイズがちょうどよいです。

「標準」サイズは、最もポピュラーな大きさのため、様々な商品を選びやすいというメリットがあります。

枕にすっぽりと包まれる感覚がお好きな方には、「大きめ」サイズの枕がオススメです。

高さ

枕の高さは、人が立っている状態の自然な姿勢が、寝ている間にもキープできる高さが理想です。

枕が高すぎると、あごが上がってしまい、首・肩に負担がかかり、いびきなどの原因になってしまいます。

反対に、枕が低すぎると、頭の重さを支えきれず、首・肩こりだけでなく、寝違えてしまったりする危険性があります。

柔らかさ

枕の中身の素材には、

  • 羽根:ふんわりと柔らかく、吸放湿がある。
  • ポリエステル粒わた:柔らかく、ボリューム感も感じられる。
  • パイプ通気性が良く、耐久性もある。丸洗い可能の商品が多い。
  • そばがら:日本で昔からある素材で、高温多湿に強い
  • ウレタン:密度が高く、耐久性がある。低反発・高反発のものがある。
  • ファイバー固めで、頭をしっかりと支えてくれる。

などがあります。

洗いやすさという観点では、パイプやファイバー素材が洗いやすいとされています。

また、わたや羽根素材はふかふかとして使い心地は良いですが、へたりやすく耐久面はあまり高くありません。

寝返りの打ちやすさ

枕は、その形によって寝返りの打ちやすさが異なります。

例えば、中央が凹んでいる形状の枕は、頭をしっかりと固定してくれるので、寝返りが少ない方にとっては快適です。

片側に傾斜がついているタイプでは、頭が固定されない分、左右に寝返りは打ちやすいため、睡眠中によく寝返りを打つ方にはオススメです。

買ってはいけない枕

ここでは、首や肩こりの原因をいくつかのタイプに分けて、避けるべき枕を挙げていきたいと思います。

<首こり> スマホ首・ストレートネック

スマホ首・ストレートネックは、長時間のデスクワークやスマホの使用で、首に本来あるべきカーブがなくなってしまっている状態ですので、首のカーブを再現してくれる枕を選ぶ必要があります。

ですので、頭が持ち上がりすぎる高めの枕は、ストレートネックの方にはおすすめできません。また、首部分が凹んでいる形の枕についても、避けた方がよいでしょう。

<肩こり> 猫背・巻き肩

猫背に悩む方は、睡眠時に横向きにならないほうがよいと言われています。

横向きで寝ることで、自然と体がまるまった状態になり、猫背や巻き肩を悪化させてしまう危険性があります。

なので、猫背にお悩みの方は、左右に寝返りが打ちやすい形の枕はおすすめできません。

頭がある程度固定され、仰向け寝の状態がキープできる枕を選ぶとよいでしょう。

おすすめの枕

最後に、首や肩こりに悩む方におすすめの枕をご紹介していきたいと思います。

西川 AiR4Dピロー 25,300円

布団などの寝具メーカとして老舗の西川から販売されているこちらの枕は、独自の設計「ネックサポートシステム」により、頭部がしっかりと安定し、首筋にしっかりとフィットする形となっています。そのため、頚椎への負担を軽減しながらも、寝返り打ちやすく、正しい寝姿勢へと導いてくれます。また、好みの高さに調整できる「調節シート」が付属している点も魅力的です。

ニトリ 高さ10ヵ所調整できる枕(パイプ) 4,990円

お手頃価格で手に入れることができるニトリのこちらの枕は、計10か所の高さ調整が可能なため、自分の好みの寝姿勢に枕の形を細かく調整することができます。例えば、右肩がこっている場合は、左向きに寝やすいように右側だけを高くするといった調整も可能です。また、中身も「パイプ」「そば殻」が選べるので、洗いやすさ重視ならばパイプを、蒸れが苦手な方はそば殻を選ぶのがおすすめです。

まとめ

この記事では、

  • 枕の選び方
  • 買ってはいけない枕
  • おすすめの枕

などについてご紹介させていただきました。

首や肩こりで悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考に、自分に合った枕を探してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました