スポーツ ベット カジノ

レディオヘッドの買ってはいけないアルバム三選!初心者におすすめできない作品とは?

全世界で3,000万枚以上のアルバムセールスを記録し、その革新的な音楽性も非常に高く評価されているイギリス出身のロックバンド・レディオヘッド。

1985年の結成以降、時代の流行と距離を置いて独自の路線で突き進んできたバンドです。

毎回新作を出すたびに実験的な試みでリスナーを驚かせてきた彼らはここ日本でもかなりの人気と知名度を誇り、常にコアな音楽ファンの注目の的となってきました。

そんなキャリア30年を超えるレディオヘッドに対して最もよく聞く評判が「良さがイマイチわからない」という声。

多種多様な音楽性が混ざり合ったそのサウンドは時に難解すぎるとも評され、特に耳に馴染みやすいポップな音楽を好むリスナーからは敬遠されることも多々ありました。

そこで今回はレディオヘッド初心者が買ってはいけないアルバム三選をお届けします。

初めて彼らの音楽に触れる人が手を出すべきではないアルバムをわかりやすく解説していきますのでご覧下さい!

1st『Pablo Honey』を買ってはいけない理由とは?

レディオヘッドの買ってはいけないアルバム1枚目は、1992年発表の『Pablo Honey』です。

今作のおすすめできない理由は下記になります。

  • 「Creep」以外の曲のクオリティーがイマイチ
  • シンプルな構成の曲が多く、演奏も平凡
  • 音楽的評価だけでなく、商業的にもあまり成功できなかった

レディオヘッドの代表曲「Creep」が収録されたこのデビュー作ですが、アルバムとしての評価は決して高くありません。

グランジに影響されたギターサウンドは特に目新しい要素がなく、若干退屈感が否めないです。

同じギターロック路線でありながら目覚ましい進化を遂げた次作の『The Bends』と比較すると、こちらはまだ音楽性・ソングライティング共に粗削りすぎるところがあります。

流石に「Creep」一曲のためだけにこのアルバムを買ってはいけません。

ギターロックを奏でるレディオヘッドの作品を堪能したい方には2nd『The Bends』をオススメします。

4th『KID A』を買ってはいけない理由は?

続いてレディオヘッドの買ってはいけないアルバム2枚目は、2000年に発売された『KID A』になります。

今作のおすすめできない点は以下の通りです。

  • ロックバンド的楽曲がほとんど無い
  • わかりやすいキャッチーな要素が極端に少ない
  • トム・ヨークの声の良さがあまり感じられない

前作の大ヒットから大きな期待が集まる中で発表されたこのアルバムは、音楽メディアやファンの間でも見事に賛否が分かれ議論を巻き起こしました。

これまで奏でてきたロックサウンドからのあまりの変わりように戸惑う声が大多数だったようです。

『KID A』ではかなり大胆な方針転換を図っており、ロックバンド的な要素を極力排してエレクトロニカ寄りの音作りに挑戦しています。

キャッチーな曲はほぼ皆無で、シングルカットも一切ありませんでした。

ロックシーンに様々な角度から疑問を投げかけたこの作品は今でこそ00年代を代表する大名盤として語り継がれていますが、やはり初心者にとってはあまりに難解すぎるのです。

初めて本作に触れたリスナーは、ひたすら淡々と電子音が鳴り響く展開に思わず面食らうことでしょう。

レディオヘッド最大の魅力であるトム・ヨークの歌声もかなり電子加工されており、何とも味気ない印象のボーカルとなっています。

しかし、そんな第一印象で彼らに対する興味を失ってしまうのはあまりにももったいないです。

レディオヘッドの魅力をストレートに感じられる作品はもっと他に沢山あります。

『KID A』はレディオヘッド入門として買ってはいけないアルバムの筆頭と言えるでしょう。

5th『Amnesiac』を買ってはいけない理由は?

『KID A』からわずか8ヶ月後に発表された5thアルバム『Amnesiac』ですが、本作をなぜ買ってはいけないのか?

その理由は下記の一点に尽きます。

  • 『KID A』同様に、全体を通して難解で取っつきにくい

当時「KID B」などと評された『Amnesiac』ですが、その名の通りこちらも非常に難解なアルバムとなっています。

全体を通して一筋縄ではいかない複雑怪奇な楽曲が並んだアルバム構成なので、初見のライトリスナーは一聴しただけで疲れてしまうかもしれません。

ほぼノイズのみで構成されたようなナンバーまであり、思わず眠くなってしまうこと必至です。

何度も繰り返し聴いていけば少しずつ耳が慣れていきスルメ的な魅力に気づけますが、免疫がないうちに無理に聴いてもきっと退屈にしか感じないことでしょう。

レディオヘッドとの最初の出会いは『Amnesiac』以外のアルバムにしておきたいですね。

まとめ

ここまでレディオヘッドの買ってはいけないアルバムについてご紹介してきました。

アルバムとして買うほどではない粗削りなデビュー作と難解すぎて拒否反応を引き起こしかねない2作、どれも最初に手を出すべきではない作品です。

今はYouTubeやサブスクなど利用すればいくらでも曲単位で楽しむことができますから、もしこれらのアルバムに興味があるならまずは1~2曲試聴してみることからおすすめします。

音楽メディアやファンから高く評価されている通り、レディオヘッドは非常に音楽性の優れたロックバンドです。

きっとこれまで聴いたこともない新しい音楽との出会いがあなたを待ち受けていることでしょう。

焦らずにゆっくりと彼らの作品を一つ一つ楽しんでいって下さいね!

タイトルとURLをコピーしました