スポーツ ベット カジノ

ガソリン車を買ってはいけない理由とは?

日本ではガソリン車の普及が一般的で、ディーゼルやハイオクよりも圧倒的に台数が多いです。

ヨーロッパでは電気自動車が普及しており、日本ではあまり進んでおらず、新車においてもガソリン車の販売が未だに行われています。

しかし、コロナの関係で車産業は急速に大きな転換期を迎えており、石油の輸送費も高騰しており電気自動車の普及に拍車がかかりました。

そこで、今回はガソリン車を買ってはいけない理由について、注意点なども含めてまとめてみました。

是非、今後ガソリン車の購入を検討している方は参考にしてみてください。

ガソリンの値段が上がる

石油などの資源には限りがあり、今後ガソリンの値段が下がることはないでしょう。

そして、地球温暖化の影響も重なり、急速に電気自動車の普及は進んでいます。

特に、石油に関しては使用用途も様々であり、製造業の現場でも火力として使われるなどの目的もありまり、世界各国で石油の争奪戦が行われています。

日本は石油のほぼすべてを輸入に頼っている状況なので、尚更ガソリンの値段は上がることは間違いないでしょう。

しかし、電気自動車には充電ステーションが普及次第に電気自動車を購入することをお勧めします。

ガソリン車が乗れなくなる?

日本では電気自動車の普及は世界と比べるとまだ遅れていますが、世界では新車のガソリン車の生産を中止する動きとなっています。

島国である日本は、この動きに付いていけないのが現状かもしれませんが、時期に日本でもガソリン車の規制は進むでしょう。

また、維持費的にも電気自動車の方が安くなり、じきにガソリン車も少なくなるでしょう。

その時に、メンテナンスや修理部品も高くなったり、税金も高くなることが予想されます。

もし、どうしても車を交換しなければいけない方は、安い中古の物で十分でしょう。

排ガス規制がかかるかも?

今はディーゼル車に、排ガス規制があり、都市部では車を走らせることを禁止されている所が多いです。

ガソリン車もゆくゆくはその様な対象になりかねません。

特に、古い車はそれらの対象になりやすいでしょう。

ガソリン車を購入するときは、できるだけ年式の新しい物を買うことをお勧めします。

日本において、ガソリン車の普及はかなり多いので、ディーゼルと比べると規制の対象もあまり多くはならないかもしれません。

反対に、ディーセル車には十分に気お付けておいた方が良いでしょう。

燃費が悪い

ガソリン車の気お付けるべき点は、間違いなく燃費の問題でしょう。

ディーゼル車であれば、軽油の値段は安く、マニュアルタイプの物が結構多いのが特徴ですが、ガソリン車は燃費が悪い物がかなり多いです。

特に、昔はガソリンの値段も安かったので問題はないですが、今では燃費のことを考えなければ維持するのが難しい時代になりました。

具体的には、バブルの時代に製造された車に関しては、かなり燃費が良くありません。

また、マニュアル車も少ないので、古いガソリン車はあまりお勧めできません。

新しいガソリン車であれば、エンジンストップ機能やエコドライブ機能により燃費も格段に向上したので、参考にしてみて下さい。

売れない

今は大量生産の時代を経て、中古車が飽和状態にあります。

もし、新しくガソリン車を買ったところで、車は売れないものだと予め考えておきましょう。

むしろ、処分した方が安いこともあり、価値のあるガソリン車はかなりの旧車くらいしかありません。

もし、購入を検討しているのならば乗れなくなるまで使い続けられる車が良いかもしれません。

また、都市部などであれば、車を購入する必要もなくレンタルでも十分かもしれません。

これからの時代は、自分のライフスタイルに合わせて、車を使うのも良いかもしれませんね。

部品が少なくなる

壊れた時に修理する部品やカスタム用品も徐々に少なくなっていくでしょう。

特に、ガソリン車はが消耗品であったのに対して、電気自動車は壊れにくいでしょう。

もちろん、パーツに関しては電気自動車専用の物が出てくるかもしれませんが、ガソリン車の部品が今後新しく製造されることは難しいでしょう。

今はコロナの影響もあり、車の半導体が必要で、中古車の値段も上がり何が起こるか分からないのが事実です。

しかし、ガソリン車を売るにしても買うにしても今が丁度電気自動車への転換期となるので、今後のあと何年ガソリン車に乗るかを自分で考えてから購入すると良いでしょう。

まとめ

以上、ガソリン車のデメリットも含めて買ってはいけない理由について詳しく解説してみました。

しかし、現状ではガソリン自動車が日本では一番普及しているので、ガソリン車を購入しなければいけないかもしれません。

今後も電気自動車に移り変わるのはまだ先かもしれませんが、割と近い将来の話でしょう。

それを考慮した上で、出来るだけお金をかけずに購入する事を私はお勧めします。

また、電気自動車も増えてきているので、特に新車で車を購入するなら検討してみるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました