スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない?栄養ドリンク・エナジードリンク<おすすめ3選>

知っていますか?栄養ドリンクの正しい摂取や、エナジードリンクの特徴。

忙しくしている日々に、体に活力をと手に取るのが栄養ドリンク・エナジードリンクです。

コンビニやスーパーと手軽に購入出来ます。

危険性に副作用があると聞きますが、本当でしょうか。

毎日飲んで危険はないのか?本当に効果あるのかなど、疑問になることが多いですよね。

 

  • エナジードリンクってそもそもなに?
  • エナジードリンクの効果・栄養
  • 不安なところで、エナジードリンクの副作用
  • なぜ買ってはいけないのか。危険性はある?
  • 豆知識<栄養ドリンクのリポビタンとエナジードリンクの違い>

危険な飲み物とも聞いたりするので、購入をためらったりします。

そんなエナジードリンクのモンスターに焦点を当てて、色々な疑問を調べてみました。

よければ是非参考にしてみて下さいね。

 

エナジードリンクって何?種類は

レッドブルやモンスターなど、エナジードリンクは沢山の種類が並んでます。

どのようなものかというと、炭酸飲料でゴクゴクと飲むことが出来る、清涼飲料のカテゴリーです。

日本では、疲労回復が期待される栄養素が入っている炭酸水となっています。

飲むとすっきりして頑張りたい時に、背中を押してくれる飲み物です。

味はさまざまあり、アップルやオレンジ・ピーチのフルーツの風味に、刺激のあるピリッとしたものまであります。

エナジードリンクには定義や基準がなく、法律もない商品になっています。


主な種類と言うと、

  • レギュラータイプ
  • ローカロリータイプ・砂糖ゼロタイプ
  • コーヒータイプ
  • プロテインタイプ

などが、あります。

その中でも、モンスターエナジーは、レギュラータイプと果汁入りタイプ・ペットボトルの無炭酸ドリンクタイプ・糖質ゼロタイプなど種類が多いです。

 

 

エナジードリンクの効果・副作用や危険性

エナジードリンクは、頑張る人の味方になってくれる飲み物で、コンビニなどで手軽に購入もメリットです。

効果はどのようなもので、副作用注意点などはあるのでしょうか。

 

効果

エナジードリンクに効果は、女性に嬉しく肌に優しい効果があるものから、脂肪の燃焼を助けるものまであります。

例えばモンスターエナジー・メガシャキは、朝の目覚めをすっきりとさせてくれる、カフェインが多く含まれています。

カフェインが142mgが入っているので、眠気覚ましや夜の残業にシャキッとするなどにはオススメの効果です。

もう一つ有名なレッドブルは、集中力のアップに疲労回復の効果で即効性があります。

栄養が不足している方には、栄養補給目的におすすめです。

 

副作用

糖が使われているために、飲んだ一時的に血糖値があがってその後ゆっくりと下がりますが、その際に疲労感がでる方もおられますが、コーラーなどの炭酸とさほど変わらない量となっています。

カフェインで眠れなくなるカフェイン中毒の危険性は、大量に一気に飲むと起こる可能性があるのです。

しかしモンスターの副作用は、飲み過ぎないと強く出ないと言えます。

しかし、糖分やカフェインが入っているので、糖質制限の方、カフェインに反応してしまう方(カフェイン耐性)には、効果が強く出てしまうのです。

また、1度に大量に飲むと健康に問題が起き、吐き気や胃痛が起こるほかに、命を落とした事例もあります。

体に良いからと、一気に飲んだり大量に飲んだりは止めましょう。

 

危険性・注意点

例えば、眠気覚ましの効果があるメガシャキは、カフェインが100mlにカフェイン100mg入っていたり、またモンスターのエナジードリンクは、カフェインが142mgはいっているので、コーヒーとよく似た量です。

成人の1日の摂取量が、400mgですのでコーヒー同様飲み過ぎに注意が必要となります。

多くても1日2本までの意識が大事です。

味も美味しくてパワーをくれるので、ついつい飲み過ぎてしまいますが、飲み過ぎは逆に体調を崩してしまう可能性があります。

一番は体の小さな方、子供さんには危険性が強くなるので、より一層注意が必要です。

 

気をつけて!日常の飲み物で買ってはいけない3選<おすすめ飲み物

危険な飲み物についての記事となっています。
こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

豆知識<栄養ドリンクのリポビタンとエナジードリンクの違い>

リポビタン
指定医薬部外品《人体に対する作用が緩和なもので医療器具等でないもの》で、成分にタウリンが入っていることです。

効果は、滋養強壮・栄養補給となっっています。

エナジーサイクルに作用して、糖質・資質にタンパク質が変換して出来たアセチルCoAがサイクルをうみだせるのです。

リポビタンは、効率的に簡単に栄養をエネルギーに変換する事が出来る効果となっています。

それに比べて、エナジードリンクは
炭酸飲料・清涼飲料水になっているのが、大きな違いですね。

同じ飲み物でも、法令上は食品と食品でない違いがあります。

働く人の味方!栄養ドリンク・エナジードリンクのおすすめ3選

  1. 風邪気味の時、疲れが取れない時は
    コスパ最強のチオビタ
  2. 甘くてすっきりしているのに、ゼロシュガーでカロリーゼロ、ダイエッターにもおすすめ
    モンスターエナジーのゼロシュガー
  3. 肉体疲労のついでに
    お肌に優しいロイヤルゼリーにビタミンB2配合
    女性におすすめ
    チョコラBBローヤル2

 

栄養ドリンク・エナジードリンク買ってはいけない・まとめ

エナジードリンクは、むやみやたらに買ってはいけないのです。

特にお子さんには、買ってはいけない飲料になります。

必ず、注意が必要で与えないようにする、量を見張り症状がでないかチェックしましょう。

過剰飲料となると、体に悪影響を起こすこともあります。

正しい効果を得るためにも、飲み方や量を守る必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました