スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない非常用トイレの特徴とは?

非常用トイレを皆さんはご存知ですか?

ポケット型のものが多く、地震などの災害の際に、周りに使えるトイレがない場合に必要となってきます。

災害時に食糧や水が必要だというのは常識ですが、実際の経験者の方たちは、トイレが一番困るとよく聞きます。

今回は、そんなもしもの時に必ず必要になる非常用トイレの買ってはいけないものの特徴をご紹介します。

非常用トイレがもしもの時のあなたを守る

大災害時、トイレは水道がとまった時点で使えなくなります。

台風での冠水や洪水、地震などさまざまな災害が日本では起こると思いますが、停電した時点で、水道は来なくなり、トイレする場所がなくなります。

でも人間には、必ず尿意がきます。

そんな時にあなたを守ってくれる非常用トイレがあります。

また、災害時、仮設トイレが設置されることが多いと思いますが、設置されるまで4日間ぐらいかかると言われています。

あなたは、4日間、災害によるストレスや腹痛を耐えられるでしょうか?

我慢することによる病気も災害時に出てくると言われています。

これらを含めて、非常用のトイレを持っておくことは絶対必要だと思います。

非常用トイレの種類と選び方

それでは、災害時に必要な非常用トイレの種類と選び方をご紹介します。

簡易トイレ

簡易トイレは非常用トイレにしては珍しく便座があります。

「便座だけ」のものも簡易トイレですし、「便座と携帯トイレがセットになっているもの」も簡易トイレなんです。

簡易トイレの周囲に仕切り(着替えテント等)を設ければ、アウトドアでも利用可能です!

携帯トイレ

携帯トイレは便座が無く、そのまま使えるものや便座にセットして使うもののことをいいます。

凝固剤と袋がセットになっているものや、凝固剤が袋の中に既にセットされてすぐ使えるもの、簡易の段ボール枠が付いているものや、凝固剤のみのものなどがあります。

便座のない携帯トイレが「簡易トイレ」といって販売されている場合がありますが、正式には異なります。

いざ購入したあとに「簡易トイレを買ったつもりだったのに袋だけだった!」なんてことも有り得ます。

逆に、携帯トイレを買うつもりで簡易トイレを買ってしまい、いざという時に「袋も凝固剤も無くて使えない!」なんて間違いが起きる元です。

商品をよく確認してから購入するようにしましょう。

選び方のコツ〜簡易トイレ〜

簡易トイレについては、いろんな人が使うことを考えると耐荷重が大きいものを選ぶと良いでしょう。

段ボール製の便器は軽くて持ち運びやすいですが、掃除ができないことや水に弱いことを考えると、長期間には不向きです。

一時的な使用であれば段ボール素材で十分ですが、長期間繰り返し使いたい人は掃除用のウェットタオルなどで拭ける素材のものを選びましょう。

選び方のコツ〜携帯トイレの場合〜

まず災害時には長期間トイレが使えなくなるうえ、災害発生直後はごみの収集は一時的に停止する場合がほとんどです。

その間、汚物の入った袋を家に置いておかなければいけません。保管するには袋が濃い色で透けないものかつ、破けて中身が漏れてないよう、丈夫な材質であることが求められます。

そして、臭いや雑菌も気になるところ。

悪臭が漂う状況では精神的に参ってしまいますし害虫も寄ってきます。

菌が繁殖すれば衛生状態も悪くなり、健康被害を及ぼします。

凝固剤に除菌(抗菌)効果や消臭効果のあるものや、臭いを抑える設計になっているものを選ぶことが重要です。

凝固剤が固まるスピードや量、さらに凝固持続時間も重要です。

固まるスピードが遅ければ、固まるまでの間ニオイは漂います。

凝固剤が少ないとしっかりと尿や大便を固めることもできません。

凝固持続時間が短いと、家に置いている間に凝固が緩んでしまい、臭い漏れの元になることもあります。

最近では価格の安い携帯トイレも多数出回っていますが、実は安価なものはこうした問題について考えられていないものがほとんどです。

袋が薄く破れやすかったり、凝固剤がなかなか固まらなかったり、除菌効果や消臭効果が無かったり、さらに凝固時間が持続しない等、少しでも安くするために品質を軽視しているのです。

安いからといって買ってしまうと大失敗の元。「安物買いの銭失い」といっても過言ではありません。

少しでも災害時に快適に暮らすために、高くても品質が保証されているものを選ぶようにしましょう。

ちなみにシートタイプの携帯トイレは一見楽そうに見えますが、オムツと一緒で大便の場合は上に乗った状態になります。

別途、臭い漏れ防止の袋を用意する必要があり、トータルで見ると割高になるのでおすすめはしません。

あなたの健康を守るためにも、しっかりと保管期間や衛生面を考えて作られたメーカーのものを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

非常用トイレの使う意味や買ってはいけない非常用トイレがわかったと思います。

非常時に一番困るのはトイレです。

その悩みを持たないようにさまざまな場合を想定し、安いからと妥協して買うのはやめて、質の良いいいものを選びましょう。

皆さんの非常用トイレ選びがスムーズに高品質なものを帰ることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました