スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない!? 老化が進むパスタ

スパゲティっておいしいですよね。「ボンゴレ」や「シーフードパスタ」、「ナポリタン」に「カルボナーラ」など、たくさんの種類があって美味しくて。

たくさんのレストランがあり、チェーン店もあります。

また、ご自宅においても手軽に作れて美味しいですよね。

私もよく食べています。

でも、そんな私たちの毎日の生活に深く入り込んでいるパスタにも老化が進んでしまうパスタがあることをご存じでしょうか?

 

え?あんなにおいしいのに。

パスタの種類でそんな違いがあるの?

 

そのように思われる方も多いと思います。

この記事を読んで頂くと以下の事がわかります。

 

・老化が進むパスタがわかる。
・なぜ老化が進んでしまうのかがわかる。

 

それでは最後までよろしくお願いします。

老化が進むパスタ

パスタは世界中で食べられている食品です。パスタの歴史は非常に古く、1000年以上前の古代ローマ時代まで遡ることとなります。

その後、人々の生活や社会と共にパスタは発展していき、12世紀にはすでに乾燥パスタの製造が現在のイタリア南部のシチリアで行われていました。

世界中に愛されるようになったのは、1492年のコロンブスによるアメリカ大陸の発見です。その発見によって、とうもろこし、じゃがいも、トマトがヨーロッパにもたらされたのです。こうしてトマトがイタリアへ上陸したことをきっかけに、「トマトソースと絡めて食べる」という現代と同じような食べ方をされるようになりました。

日本においても、明治16年頃に、国内でマカロニ製造が始まりました。ホテルや高級レストランでしか口にすることはできず、当時は高級品として食されていました。第二次世界大戦後にパスタ工場が作られるようになり、パスタは一般家庭に行き届くようになったのです。その後、パスタは日本の食文化にうまく溶け込み、今では私たちにとって身近な食材のひとつとして数えられるように なったのです。1000年以上の歴史のある非常に長い間親しまれてるのがパスタなのです。

そのようなパスタがなぜ老化を進めるようになってしまうのか?

 

それは調理方法によって異なります。

その調理方法は、「カルボナーラ」と「ナポリタン」となります。

では、なぜ「カルボナーラ」と「ナポリタン」は老化を進めてしまうのか?

次はその点について説明していきたいと思います。

なぜ老化が進むのか?

なぜ、「カルボナーラ」と「ナポリタン」は老化を進めてしまう調理方法なのでしょうか?

その理由は、老化の原因物質「AGE(エー・ジー・イー)」になります。

「カルボナーラ」と「ナポリタン」の「AGE(エー・ジー・イー)」は、「シーフードパスタ」や「ボンゴレ」に比べて数値が2~5倍となっているのです。

そして、その数値が数倍になっている大きな理由は、「ベーコン」にその要因があると言われています。

「ベーコン」に含まれるAGEは、ハムと比べて約6倍、ソーセージと比べると約4倍となります。「ベーコン」は、カリッと焼くほど香ばしくて、様々なメニューに入っている食材です。しかし、その「こんがり」が、AGEの数値を高くしている要因なのです。「ベーコン」は、薫製の段階で加熱が行われた上に、さらに調理の段階でカリッと高温で焼き上げます。この二重の加熱によってAGE数値が上がってしまいます。

この「AGE(エー・ジー・イー)」体の「こげつき」なのです。 タンパク質と糖が熱によって繋がる糖化現象を表します。最終的に元に戻れなくなった物質(終末糖化産物)のこととなります。体は、ほとんどがタンパク質でできています。糖をエネルギー源として利用しているので、この現象が人間の体内でも起こってしまいます。そして、その「AGE(エー・ジー・イー)」が老化スピードを早めたり、健康を阻害するようになってしまうのです。

「AGE(エー・ジー・イー)」が皮膚に貯まると、コラーゲンが損なわれてしわやたるみになります。また、頭皮の細胞のところに貯まると髪の毛の成長が抑えられて、薄毛になります。また、心筋梗塞や脳梗塞、認知症、うつ、白内障、歯周病、骨粗しょう症などの病気の一因にもなる可能性もあります。

体内で作られたAGEはどんどん蓄積されていきます。また、高血糖状態が長く続く人ほどAGEはたくさん作られて蓄積されます。

 

このように、「カルボナーラ」と「ナポリタン」はパスタの中でも老化を進めてしまうリスクが高まる食べ方だったのです。

まとめ

このように、パスタも食べ方によって、老化が進んでしまう危険性があります。

「シーフードパスタ」や「ボンゴレ」に比べて数値が数倍になるというという事実は本当に驚きですね。

身体に蓄積されたAGEは溜まっていくばかりになります。

いつまでも健康を保つためにも身体の中に焦げ付きを増やさないように普段の食事方法から気を付けていきたいですね。

私も気を付けたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました