スポーツ ベット カジノ

自販機でペットボトルを買ってはいけない!??

皆さんは自販機でペットボトルを買う機会があるでしょうか。

街中に出るとどこにでも目につくところに自販機があり、喉が渇いたと思ったらすぐに買えますよね。

しかし便利である一方、もちろん欠点もあります。

その事実をお伝えすべく、今回は飲料自動販売機でペットボトルを買ってはいけない理由をご説明します。

自販機の歴史

まずは日本の自販機の歴史についてです。

日本で自販機が実用化されたのは1962年のことです。

<公式>
アメリカの飲料メーカーが日本に進出し全国的に自販機が普及したとみられています。今の自販機とは大分見た目が違いますね。

 

そこから色々と変化を遂げ、自販機は進化し続け今の形になりました。

<公式>

こちらの写真を見ていただければわかると思うのですが、販売品のほとんどをペットボトルが占めていますよね。

1970年代以降は缶専用の自販機も実用化されましたが、缶は一度開けてしまったら閉めることはできないという欠点があります。

その点で、ペットボトルは一度開けても閉められ持ち運びに便利です。そのためペットボトルが大半を占める自販機が2000年代以降は普及していると考えられます。

自販機の普及率

<>

2021年度時点では、飲料自動販売機の普及台数は220万台を超えています。

自販機の普及状況を見る限り飲料自動販売機は減少傾向にありますが、それでも全体のおよそ半分を占めています。

売り上げも約2兆円と大きな経済効果をもたらしています。

自販機で飲み物を買うデメリット

自販機でペットボトルを買う時のデメリットと聞くと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

お金の無駄

まず一つ目はお金の無駄だということです。

お金を節約したい方はマイボトルを持ち歩いているのではないでしょうか。
 自販機で一般的なサイズ(500ml)のペットボトルを買うとなると、水は安いことが多いですがお茶やスポドリなどは150円ちかくしますよね。

ここで一つ例を挙げます。
楽天市場において、伊藤園のラベルレスおーいお茶 緑茶(2L9本入)を買うと2680円です。
一本あたりの値段はおよそ300円、つまり1Lで150円です。

これが何を意味しているかというと、自販機で500ml150円のおーいお茶を買うよりもネットで1l150円のおーいお茶を買ったほうがどう考えてもお得だということです。

出費を抑えたい方は是非、自販機で買うのではなくネットでまとめて購入しましょう!

先ほどご紹介したマイボトルを持ち歩くのは重いし、常に冷たい状態を保てるとも言い切れないし、使った後に洗うのが面倒くさいという欠点ももちろんあります。

ですが少しでも出費を抑えたいという方はマイボトルの持ち運びをぜひ検討してみてください。

ペットボトルに水滴がつく

2つ目はペットボトルの外側に水滴がついて、自分の持ち物を濡らしてしまうということです。

大したことがないようにも感じられますが、バッグの中にペットボトルを入れていると資料が濡れてしまったり湿っぽくなってしまったりします。
皆さんも同じような経験があるのではないでしょうか。

これに関してはペットボトルカバーを付ければ解決する問題ですが常に持ち歩くのも大変ですよね。

いちいちペットボトルを入れ直すのが面倒になり結果的にまたペットボトルをそのままバッグに入れるようになってしまうように思います。

環境に悪い

私が1番の問題に感じるのが、環境に悪いということです。
皆さんもご存知でしょうが、ペットボトルを処分する(燃やす)際にでる温室効果ガスが地球温暖化を加速させています。

温室効果ガスの排出を抑えようと世界中で取り組んでいる中、排出量を増やすわけにはいかないでしょう。

ですが、ペットボトルはリサイクルすれば生まれ変わり何回でも使用可能な資源になります。

なので、ペットボトルを買うこと自体が悪いと言いたいのではなく、使用済みのペットボトルをリサイクルボックス等に入れず海などに捨ててしまうのが良くないと言いたいのです。

皆が皆そうしてるわけではないですが、テレビで海岸に使用済みのペットボトルが打ち上げられているのをよく見かけます。全員の意識を変えることが大切なように感じます。

ペットボトルは再利用することができる資源だとご説明しましたが、循環にもいつかは期限がきます。そう思ったことはないでしょうか?

リサイクルできるものでもいつかは燃やさなくてはいけない時が来るはずです。地球温暖化を止めるためにも、ペットボトルを買う頻度を抑えるなど少しずつだとしても工夫が必要です。

最後に

今回は、飲料自動販売機でペットボトルを買ってはいけない理由についてご説明しました。

手軽に買えて便利な分、欠点があることをおわかりいただけたと思います。

ペットボトルに対する皆さんの考えが今までよりも深まっていたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました