スポーツ ベット カジノ

知らないと危険!買ってはいけないアクティブファンド

 


最近では、耳にしない日がない資産運用。

資産運用とは言っても、為替取引、不動産投資、暗号資産取引などの様々な投資方法があります。野村総合研究所の報告では、日本の投資人口は2015年以降増加しており、2021年には21.1%以上を超えているとあり、将来的な投資人口はますます増えてくることが予想されます。

その中でも、アクティブ投資で成功することができれば、相場をアウトパフォームし、資産を大きく増やすことができます。相場の平均リターンより高い利益を狙うことができ、インデックス投資より効率的に資産を増やしていくことのできるアクティブ投資は、とても魅力的ですよね。

銀行や証券会社に出向かなくても、オンラインを使うことで、初心者でも誰でも簡単に始めることができるようになったアクティブ投資。しかし、アクティブ投資には美味しい話だけではなく、思わぬ落とし穴があることをご存知でしょうか?アクティブ投資の危険性を知っておかないと、大切な資産を失う可能性があります。

ここでは、インデックス投資とアクティブ投資についてご紹介した後、アクティブファンドを買ってはいけない理由から、その危険性についてご紹介していきます。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、市場の値動きを示す指数(インデックス)に連動を目指す運用スタイルです。

インデックス投資には、シンプルで分かりやすく、コストが安いなどの特徴があります。複数の銘柄に広く纏めて投資(分散投資)を行うため、一つの銘柄に集中投資するより、景気変動による値動きが抑えられ、リスク回避の効果があります。

代表的なインデックス指数として、日本株式では、日経平均株価(日経225、日経平均)、東証株価指数(TOPIX)、米国株式では、NYダウ、S&P500指数、ナスダック総合指数があります。

インデックス投資型の商品をインデックスファンドと呼びます。

アクティブ投資とは

アクティブ投資とは、インデックス投資とは対照的に、日経平均株価やTOPIXなどのインデックス指数を上回る成績を目指す運用スタイルです。

市場を上回るリターンを目指し、多種多様な投資対象や運用方法があることが特徴です。証券会社などのプロの運用集団であるファンドマネージャーや運用チームが、個別銘柄や市場の調査、及び分析を行い、その結果をもとに投資銘柄を選定します。

アクティブ投資型の商品をアクティブファンドと呼びます。

アクティブファンドを買ってはいけない理由

インデックス投資に勝てない

インデックス投資とアクティブ投資のどちらが優れているのでしょうか?

ここに運用業界が語りたがらない不都合な事実である「アクティブファンドの大多数はインデックスファンドに勝てない」という話があります。

アクティブ投資では、ファンドマネージャーなどのプロ集団が、市場や個別銘柄の調査、及び分析から、投資銘柄を選定し、タイミングを見計らいながら売買を行っています。彼らはそれを専門職業として給与を得ており、また一般の人が知り得ないような情報を得るために、情報専門機関に対して年間で数百万円以上の契約料を支払っています。

しかし、どれだけ調査や分析を行い、多額なお金で得た情報を駆使したとしても、常に100%勝ち続けることはできないのです。つまり、アクティブ投資には、彼らの給与を始めとした多額の運用コストが必要となるにも関わらず、彼らは百戦錬磨の運用成績を残すことはできないのです。

例えば、2016年時点で、アクティブファンドは240本ありました。日経新聞は、それらアクティブファンドの過去11年間の運用成績について、インデックスファンドと比較した結果を纏めています。本記事によると、112本、全体の47%のアクティブファンドは、インデックスファンドより運用成績が悪かったことが報告されています。

つまり、ほぼ半数のアクティブファンドは、多額の運用コストを掛けているにも関わらず、運用成績において、インデックスファンドとの明確な優位性を証明できなかったのです。

手数料が高い

アクティブファンド、及びインデックスファンドを投資信託する場合にかかる手数料です。

手数料には、販売手数料、信託報酬、信託財産留保額の3種類があります。

販売手数料とは、投資信託を買うときにかかる手数料、信託報酬とは、投資信託を保有している間に払い続ける手数料、信託財産留保額とは、投資信託を解約するときにかかる手数料のことです。

これら手数料はファンドによって異なりますが、アクティブファンドの場合、一般的にインデックスファンドよりも運用コストが高くなることが多いため、手数料も高めに設定されています。

アクティブファンドとインデックスファンドの運用成績を比較した場合に、運用成績が五分五分であったことを考えると、なるべく手数料の低いインデックスファンドに投資をした方が手元に残る資産は多くなります。

まとめ

相場を大きくアウトパフォームできる可能性を秘めているアクティブ投資は、初心者でも購入しやすく、短期間で資産を増やしていくことができるため、とても魅力的です。

しかし、インデックス投資と運用成績に優位な差がないこと、及び手数料が高いことなど、アクティブ投資に関する知識を正しく身につけておかないと、大切な資産を失う危険性も潜んでいます。

アクティブ投資の甘い誘惑にすぐに飛びつくのではなく、資産を守るためにも一度立ち止まり、アクティブ投資でも、手元に残る資産として勝算が見込めるのか、確認するよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました