スポーツ ベット カジノ

カメラ入門者が買ってはいけないオーバースペックのデジカメ

カメラ入門者は、オーバースペックのカメラを買ってはいけない

家族が増え本格的にデジタルカメラを始めようと思った方、仕事で必要になったのでカメラを買おうと思った方等いろいろな事情があると思います。

まず、デジカメって何を買っていいのか分からないですよね。

コンパクトなコンデジでいいのか、ミラーレス一眼カメラがいいのか、一眼レフカメラがいいのか・・・

「自分に必要なカメラが分からない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

家電で価格が高いものほど高スペックであったりしますよね。

だから大は小を兼ねるということで、高スペックなものを買うことはありです。しかし、せっかくの機能を使いきらなくそのままお蔵入りするような家電もあったのではないでしょうか。

自分の力量に合ったデジカメを買えば、カメラ入門者にとってバランスのいい価格になり、楽しめて長くカメラを続けられることになるでしょう。

今回、私はお仕事、趣味用にとミラーレス一眼カメラを購入してみました。

3か月くらい前から欲しいなと思い、大型家電販売店のカメラコーナーをうろちょろしていました。

有名どころは、Canon、Nikon、SONYだと思い、そのメーカーを中心に見て回りましたが、値段が高すぎるものもあり躊躇することもありました。

「ちょっとした写真ならスマホのカメラで済ませれば?」

という方も見えるでしょうが、スマホカメラは、スマホにもよりますが、ぱっと撮れないのとレンズの性能が悪すぎて使えない写真が多く辟易とします。

ミラーレス一眼カメラを購入して、きれいな写真が撮れるしストレスが減らせられとても満足しています。

あと、スマホカバーをしているのでマイクロSDを取り出す際にとても面倒です。

話は戻りまして、購入の決め手となったのは扱いやすさでした。

機能が充実している割に操作系が直感ででき、しかも一眼レフよりコンパクトでした。

デジタルカメラの種類

デジタルカメラにはどのような種類が存在するかご存じですか。

コンデジ

コンパクトデジタルカメラの略で、スマホよりワンランク上の画質でポケットにも入る大きさです。

旅行など荷物の多いときにかさ張らず軽く携帯性に特に優れています。

スマホと違い光学ズームもあります。

欠点としてカメラのレンズが交換できないということがあります。逆にレンズを機体に取り込めるから本体を薄くコンパクトにすることが可能です。

安いコンデジはスマホに取って代わられています。

現在ではスマホより美しく撮れ、性能が良い10万円ほどする「高級コンデジ」が人気となっています。

映像を受け止めるイメージセンサーは、1型(インチ)が主流となっています。

ちなみにスマホのイメージセンサーは1/2.3型サイズと小さいです。イメージセンサーは大きいほど高画質とされています。

シャッターを押すだけできれいな写真を撮りたいという方向けのカメラです。

ミラーレス一眼カメラ

なぜ「ミラーレス」という名がつくのかというと、映像をミラーで反射してファインダーに映し出すミラーがないのでミラーレスとなります。

レンズから入ってきた映像を一度デジタル処理してファインダーや液晶画面に映し出す方法をとっています。

特徴としては、コンパクトで高画質、一眼レフカメラより軽い、見た目がお洒落なカメラが多い。などがあります。

画質に影響するイメージセンサーは、コンデジの1型より大きなAPS-Cかフルサイズを使うことが多いです。

一眼レフカメラ

カメラのボディ内に映像を反射するミラーがあります。そこからペンタプリズムを通り光学ファインダーから映像が見られます。

シャッターを切る際にミラーが機械的に押し上げられ、イメージセンサーに映像が届きます。

ボディは大きく手にフィットして手ブレを起こしづらいです。ミラーレスカメラのように電子ファインダーで電力を消費しないのでバッテリーの持ちが良いです。

ただ、内部にミラーを設置しているためカメラに厚みが出てしまいます。ミラーレス一眼カメラより大きいサイズとなります。

入門者におすすめのミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラに絞って少しご紹介したいと思います。

SONY α6400(発売時期2019年2月22日)

有効画素数 2420万画素、イメージセンサー APS-C

AF(オートフォーカス):0.02秒、AFセンサー 425点

連写 11コマ/秒

電子ファインダー

液晶モニター 3インチ(180度チルト可能式液晶)

4K動画対応

撮影枚数 電子ファインダー使用時 360枚、液晶モニター使用時 410枚

内臓フラッシュ あり

手ブレ補正 無し

Wi-Fi、NFC、Bluetooth4.1、Wi-Fi Direct対応

重量 359グラム(本体のみ)

Canon EOS kiss M2(発売時期2020年11月27日)

有効画素数 2410万画素、イメージセンサー APS-C

AF(オートフォーカス)センサー 143分割

連写 10コマ/秒

起動時間 1秒

電子ファインダー

液晶モニター 3インチバリアングル液晶

4K動画対応、タイムプラス対応

撮影枚数 電子ファインダー使用時 250枚、液晶モニター使用時 305枚

内臓フラッシュ  あり

手ブレ補正 無し

Wi-Fi、BLE、Bluetooth4.2対応

重量 351グラム(本体のみ)

まとめ

デジタル一眼カメラ入門者の方におすすめなものは、この二つ意外にもあるかもしれませんが外さない選択です。

筆者はSONY α6400ダブルズームレンズキットを手に入れました。

とてもお洒落なデザインをしています。

先ほども書きましたが、機能は直感的に使えるようになっていて全く困りません。サイズはコンパクトでセットのE4.5-6.3/55-210望遠レンズを付けると若干重いなとは思いますが、一眼レフカメラはもっと重たいです。

AF(オートフォーカス)が俊敏で顔をすぐ認識するなど賢いです。

なんといってもスマホカメラのレンズよりはるかに歪みが少ない素晴らしいレンズです。

画素数も私には十分で、A4用紙に印刷してもすごく美しいプリントができます。画素数が多いに越したことは無いですが、この2台以上の画素になるとカメラ入門者にとってはお値段も張ってきてバランスの良い価格帯ではなくなります。

自分のレベルに合ったデジタルカメラを手に入れましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました