スポーツ ベット カジノ

初心者は買ってはいけない、カルーアミルク。

あなたは二十歳になった時に一番最初に飲んだお酒を思い出せますか?

日本酒や焼酎、ビールといったお酒は初心者にはなかなかハードルが高いものですよね。

若い人はお酒を飲むとき、居酒屋などで甘味のある飲みやすいお酒を頼んでしまいがちになっているでしょう。

バーで頼めるカクテルなんかもおいしそうですよね。

大人の世界に飛び込む第一歩としてお酒を飲んでみたいと誰でも一時は思うはずです。

でも甘いものがいい、飲みやすいお酒がいいと思っている、そこに付け込む悪い大人も中にはいます。

レディーキラーカクテルと呼ばれているお酒をご存知ですか?

男性が意中の女性を誘うときにそれらのお酒を使っていたということが由来のカクテルのことを指します。

主にアルコール度数の高い、甘い口当たりの良いカクテルのことそう呼ぶそうです。

今回はその一つである『カルーアミルク』について語っていきたいと思います。

1.カルーアミルクとは?

カルーアというリキュールと牛乳を合わせたカクテルのことをカルーアミルクと言います。

①カルーア
コーヒー豆とサトウキビの蒸留酒が原料のメキシコのリキュール。色は茶色で甘味があります。

②牛乳
牛乳の味によりカルーアミルクの味も変わってきます。また、生クリームを使う場合もあります。

わたしが材料を見た感想はデザートのようなカクテルだと思いました。いかにも女性が好きそうです。

カクテル言葉は『臆病』『いたずら好き』となります。一見可愛らしい意味ですが、お酒となると少し意味深さを感じますね。

このカクテルを飲んだ際には”いたずら”されないよう、気を付けなければならないのでしょう。

カルーアの歴史について

1930年にメキシコのコーヒー農家のアルバレス兄弟が地元ベラクルスで起業家のブランコの協力を得て作りだしたレシピが、最初のカルーアです。

その後1936年にアルバレス兄弟の豆を使って化学者のモンタルヴォ・ララが、現在のカルーアのレシピを作りました。

1950年代からカルーアは、アメリカでカクテルの材料として売り出されます。

このときにボストンでカルーアミルクというカクテルが誕生しました。

こうして、今では世界中の人々に今でも愛されるカクテルが出来たのです。

3カルーアミルクのバリエーションと作り方。

カルーアミルクと一言でいっても奥深い世界があります。

カルーアは実はスーパーなどにも売っていて手に入りやすいリキュールの一つです。

つまり、簡単に材料が用意できる、誰でも簡単に作ることが出来るカクテルということです。

自宅で作ることのできるカクテルでもあります。

ここまで読んでみて、少しカルーアミルクに少し興味が沸きませんか?

誰かと飲むこともまた楽しいことですが、自分のペースでゆっくり飲むことも乙なものですよ。

そこで、カルーアミルクの作り方をまとめてみました。

1.これさえ知っておけば自宅で簡単。基本のカルーアミルク!

・必要な材料

①カルーア30ml、牛乳90ml(このレシピでアルコール度数は5%程)

作り方
氷を入れたタンブラーにカルーア、牛乳を入れかき混ぜたら完成です。

なおレシピ通りの分量で作らなくても、自分の好みの分量を探してみるのも楽しいですよ。

2.牛乳とカルーアの2色の層がおしゃれ!プースカフェスタイル!

①材料は基本のカルーアミルクと同じです。

②作り方

まず、グラスにカルーアを先に入れ、牛乳をバースプーンでゆっくり注ぎます。
綺麗に牛乳とカルーアの2層が出来れば完成です。

3.寒い時期にぴったり!ホット・カルーア・ミルク

①材料は基本と同じです。

②作り方

牛乳を温め、カルーアを加えて混ぜれば完成です。

カルーアミルクを飲む際の注意点

味はコーヒー牛乳に近くもあり、女性や酒慣れしていない男性も飲みやすいフレーバーでしょう。

なので、ついつい飲み過ぎて酔いが回ってしまうことが多いのです。

やたらと酒を勧めてくる人が、カルーアミルクなどのレディーキラーカクテルの名前を出してきた際にはご注意してください。

 まとめ

カルーアミルクは気を付ければ美味しいカクテルですので、節度を持って飲むには問題ありません。

しかし、お酒で酔いつぶれてしまうと、楽しかった時間ともども台無しになってしまいます。

若いあなたもくれぐれも悪い大人に騙されないように気をつけてください。

自分のアルコールの許容量などを知ったうえで楽しんで飲むことができればいいですね。

そして、自分の後輩などお酒の飲み方をまだ知らない人が周りにいるはずです。

その人たちにさりげなくお酒の飲み方を教えてあげられる大人になれたら、それって素敵なことではありませんか?

若いうちはアルコールに強い人が何かと楽しそうにしている様を見ているかもしれませんが、飲酒にはご存知のリスクもつきものです。

リスクを伴わず、スマートに飲みたいですよね。

お酒と上手に付き合って、かっこいい大人を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました