スポーツ ベット カジノ

買ってはいけない!コーヒーフレッシュ〜それでもあなたは使いますか?〜

手頃な価格で購入できるコーヒーフレッシュ。

コーヒーを頼むと必ずといっていいほど、そのお供としてソーサーに乗ってきますよね。

では、そのコーヒーフレッシュ、原材料は一体何で作られているのか??

 

なんてことを考えたことはありますか?

 

その答えは…

 

コーヒーフレッシュはミルク(乳製品)ではなく、植物油脂を主原料とした「植物油脂クリーミング食品」なのです。

簡単に言うと、植物油と水と食品添加物が混ざりあった「ミルク風味の油」です。

 

なんだか身体に悪そうなイメージが湧きませんか…??

 

世間的にも「コーヒーフレッシュは危険!」といった噂がちらほら聞こえてきたりもします。

 

そこで、コーヒーフレッシュがどのような材料で作られているのか、身体に悪影響は無いのかを調べてみました!

そもそもコーヒーフレッシュとは??

コーヒーフレッシュは「ポーションクリーム」と呼ばれることもあり、小型の容器に入った常温で保存が可能なクリームです。

 

先程の書きましたように、「植物性油脂クリーミング食品」と呼ばれ、牛乳や生クリームの代わりとして使用されます。

乳製品の仲間と思われがちなのですが、ミルクは使用されていない為、その名前から油の仲間に分類されます。

 

作り方は、植物性油脂と水に乳化剤を加えクリーム状にし、そこへ着色料や香料でミルクっぽくなるように調整します。

 

この工程でも分かるように、牛乳や生クリームは一滴たりとも入っていません。

コーヒーフレッシュの成分

あるコーヒーフレッシュの原材料をひとつひとつ見てみましょう。

 

原材料

・植物性油脂

植物の油脂

加工する際に「トランス脂肪酸」が生じる

・カラメル色素

真っ白すぎるとミルクっぽくならないので、少し茶色を足して絶妙なミルク色を作る

微量ではあるが、発がん性物質が含まれている

・香料

ミルクのいい香りを演出

・pH調整剤

長期間保存ができるようにする添加物

・増粘多糖類

液体にとろみを付け、舌触りやのどごし等の食感を調節する物質

・乳化剤

界面活性剤のこと

油と水を均一に混ぜ、乳化させる為の添加物

 

ご覧の通り、植物油と水と食品添加物だけで作られているコーヒーフレッシュに栄養など全くありません。

 

「コーヒーフレッシュは危険!」と噂が立ってしまうのには頷けますね。

 

その中でも特に危険とされる原材料がこの2つです。

・植物性油脂に含まれるトランス脂肪酸

・乳化剤

 

では、この2つについてもう少し詳しく見てみましょう。

危険なトランス脂肪酸

トランス脂肪酸は摂り過ぎると、生活習慣病や気管支喘息、心臓疾患等の原因となり、

心臓疾患患者の多い諸外国では、既に厳しく規制されている国もあります。

あいにく日本では未だ規制の対象となっていません。

 

また、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減少させることが分かっており、肥満やアトピー等のアレルギーの症状が悪化するといった症例も報告されています。

乳化剤の危険性

乳化剤は別名「界面活性剤」とも呼ばれ様々な食品、そして洗剤や化粧品にも幅広く使用されています。

 

洗剤や化粧品と同じ成分を口にしている…

なんとも複雑な気持ちになりますね。

 

ちなみに“乳化”とは、水と油のように混じり合わない物質を均一化させる添加物で、製品の見た目と感触をミルクのようにするだけであって、乳製品になるわけではありません。

 

乳化剤の多量摂取は、アレルギーの原因となったり、腸への悪影響が懸念され下痢を引き起こすとも言われています。

 

安全なコーヒーフレッシュは存在しないのか?

コーヒーフレッシュは人工的に作られた「植物性油脂クリーミング食品」ですので、どうしても植物油脂や添加物が入っています。

やはり毎日飲むコーヒーですから、身体に悪影響なものは極力摂りたくはないですよね。

 

最近では健康リスクに配慮した、無添加やオーガニックを謳ったコーヒーフレッシュも販売されているようですが、取り扱いをしている店舗が少ないといった現状です。

 

また、完全に添加物を使わずにコーヒーフレッシュを作ることは難しいので、残念ながら従来品ともそう大差が無いようです。

 

それでもコーヒーフレッシュを入れてコーヒーを飲みたい…

という時は代用品で!

 

周知のことですが、コーヒーフレッシュの代用品としては牛乳や生クリームといった乳製品が使用されているようです。

少し手間ですが、断然こちらをオススメします。

最後に

コーヒーフレッシュ正体は、牛乳も生クリームも一切入っていない、添加物だらけの「ミルク風味の油」だったのです。

レストランのドリンクバーやコンビニのコーヒーコーナーに常温で山積みされていても劣化しないわけですよね。

 

使用されている添加物ひとつひとつの安全性は証明されていても、それらが複数合わさった時に人体にどう影響が出るのかということまではまだまだ未知数です。

 

添加物を全く摂らないという生活は難しいと思いますが、なるべく摂取量を減らす努力は出来ますよね。

 

コーヒーを飲むなら、牛乳や生クリームで代替えしてみたり、ブラックコーヒーで楽しむのが安心と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました